Cigarettes and Coffee

Bass & Trout Fishing

ABU 507 MKⅡ

10年位前から気になっていたクローズドフェイススピニングリール(長い)。
その頃は少し渓流もやっていて、糸ヨレが無いということでABU505(カップが赤いやつね)真剣に購入しようか悩んでいたけど、その後渓流もやらなくなってしまったので、自然とフェードアウトしてしまい保留状態に。

その後も気になってはいるけど、「まだいいや」的な感じで保留していたが、突然急浮上してしまった。
本流で使うことを考え当初のABU505ではなく、506と507双方で購入を検討していたが、ある日PC検索で最新機種のABU507MkⅡなるものを発見してしまった。
見た感じの雰囲気もどことなくオールドな雰囲気を醸し出しながらの最新機種。
一目惚れしてしまった(笑)
残念な事に日本未発売機種で、マッチフィッシングの盛んなヨーロッパで販売されているらしい。

オールドの507と悩んだ結果、興味が勝ったのとオールドはいつでも買えるという結論で現行タイプをebayにて購入してしまった。
そして約半月程待たされたが無事に到着したのがこれ。

1_2017021309360022d.jpg
ABU 507 MkⅡ

早速に開封して手に取ってみる。
第一印象は・・・・・・・「とても重い・・・」

購入前に調べたのはギア比と1回転の巻取り長さのみで重長についてはノーマークだった。
箱に記入してある重量は・・・408g

今となっては重いと感じるアンバサダー5500Cが約360g
更に50g近く重い。

そして、何となく予感はしていたがロッドに装着しようとしたら、リールシートにフットが太くて装着できない。
最近のトラウト用のリールシートって結構シビアで以前もカーディナルC4を装着しようと思ったら、わずかはさむだけで、力が加わると外れそうだったので「もしや?」と思ったら的中してしまった。

2_201702130936017ed.jpg

しばらく放置していたが、先日自己責任のもとフットの裏側をヤスリで削る。
ザウルスのロッドで合わせて良い感じになったが、ルーパスに装着するともう少し削らないと綺麗に収まらなかった(泣)

3_20170213093602de0.jpg

それでも先日釣りに行った時に初めて使ってみたが使い心地はというと。

・ロッドに装着して使ってみると408gの重量はさほど感じられない。
・飛距離についてはスプールが大きいのもあって申し分なく、思った以上に飛んでくれる。
・スピニングのようにベールを返す作業がないので手際良く操作できる。
・クラッチを切る(ボタンを押す)とラインが勝手に指先にくるのが◎
・水抵抗の強いルアーや流れが強い所での使用は巻取りがかなり重い(ステラとの比較なのでなんとも言い難い)
・ドラグはオートシンクロではなくボディーに付いているダイヤルで調整すのだがフルロックになるのは最後の数メモリまで締め込まないとフルロックにならないので、大物がヒットした場合はどうなるか想像が付かない状態。

今のところの感想はこんな感じ。

まずはこのリールで釣ってみたいので今年は活躍させたいと思っている。


テーマ:フィッシング - ジャンル:趣味・実用

  1. 2017/02/13(月) 16:44:49|
  2. Reel
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

こっそりと更新

毎日の仕事に追われ、気付けば年も明けてしまい、このブログの事からも大分遠ざかってしまいました。

日々のことなどはInstagramで事が足りてしまうので、ブログは釣行記事でやろう。
なんて思っていたけど、昨年後半~は日々の急がしさもあって釣行回数も激減。
おまけに釣果も貧しかったりで、また疎遠に・・・・。
まあ、ぼちぼちやっていきます。

忙しい中でも今年に入って2回程釣りに行けたけど、釣果はゼロ。
早く結果を出したいところだね。



釣りには行けないけど道具は増えていって、ナイロンライン用に夢屋の替スプールを導入してみた。
PEと比較しながら平行して使ってみようと思う。

1_20170208085327254.jpg

それと、つい衝動買いでウェアラブルカメラ(アクションカメラ?)なども購入してみた。
まだ、二回ほどしか使っていないがこれはこれで楽しいので是非トップウォーターの釣りで活躍させたいと思う。

3_20170208085329d56.jpg

バスはまだ先だけどトラウトは今月後半以降から解禁に伴い本格的にスタートする。
今年もできる限り釣りには行きたい。



  1. 2017/02/08(水) 11:42:14|
  2. Trout Fishing
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

再びマザーレイク釣行 2

お盆休みが例年より多く取れたので夕方と早朝狙いへ再びリベンジ。

いつもは深夜走行なので渋滞もないのだが、今回は昼間走行とお盆の帰省ラッシュの関係で途中渋滞にはまりながら8時間以上かけて到着。

冷静に考えると凄く遠いのだが、最近は麻痺しているのか?片道500kmまでは遠いとは思わなくなってしまった(笑)
慣れって怖いね。



今年は例年に比べ極端にウィードないのためか、水が非常に汚い。
アオコもひどい状況の中、なんとかキャッチ。

1_20160814012130bfa.jpg

その後は何もなく、翌朝含めてキャッチ以外に2バイトで終了。

_284.jpg

写真の下2個のプラグでバイトを貰っただけ、かなり厳しいゲームとなってしまった。
まとまった雨が降らないとこの釣りは厳しいかも??

次回は再びフローターで挑戦。

打開策を見つけよう。





テーマ:トップウォーター(バス釣り) - ジャンル:趣味・実用

  1. 2016/08/14(日) 01:36:16|
  2. Bass Fishing 
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1

10年ぶりの導入。

梅雨が開けてからは気温も一気に暑くなってここ数日は灼熱の日々が続いている。

琵琶湖以来バス釣りから遠ざかってしまうと、この気温のなかボートで水面に浮かぶ事を想像すると恐ろしくなっている。
そんな感じで今年はまだ関東でのバス釣りには行っていない。
今思っているのは暑いのが少し落ち着いたらライトタックルも持って、じっくりと一日川に行きたいと思っている。

しかし、その反面というか昨年から再び本格的にはじめたトラウトはそれなりに行っていたりする。
ウェーディングしている時はいくらか涼しいけど、しかし上半身は藪漕ぎするのもあって長袖シャツに鎧のような重量のあるフィッシングベストを着ているため灼熱具合はあまり変わらないというのが事実だったりして(笑)

という事で今回もトラウト釣行の話。

今回から新たに新タックルの導入。

そうスピニングタックルを久しぶりに、実に10年ぶりに導入した。

あの時もスピニングロッドを折ってしまい、それを気にベイトタックルに切り替えたんだっけ。



もともとスピニングを使う機会が無く、バス釣りで補助的に持っていたが出番は極希。
10年ほど前に勧められて渓流をやり始めその後、本流トラウトに移行した頃に少しだけスピニングタックルを使っていた。
しかし、ロングロッドではうまくキャストができないため糸フケが大量に出てしまいルアーポジションの確認がいまいち掴めなかったのと、タイミングよく?ロッドが折れてたので使い慣れているベイトタックルに転向した。


今年の冬極寒朝、パーミングによる手のひらから熱を奪われる感がかなり辛いのとどうしてもスピニングでないと、という状況があったのと、ディープミノーやフローティングミノーは何となくスピニングの方がしっくりくる感があり、その辺りのミノーも使ってみたいと思ったのが今回の導入に至ったところである。

b_20160808094457307.jpg
ロッド:ヤマガブランクス ルーパスサクラ 87
リール:シマノ ステラ3000HGM

ロッドは実物を置いてあるショップが近所になく購入するまではかなり悩んだが、所有しているインスタのフォロワーさんの口コミなどを参考にして購入した。
実際手にしてみると個人的に思っていたのよりも柔らかく、しなやかによく曲がりとても使いやすいアクションだ。

実際釣行での感想はリールを装着したときのバランスがとてもよく、なにより軽い。
キャストもしやすく、軽いミノーも飛んで感度もかなりよかった。

ミノーライクなロッドだと思っていたけどスプーンも使いやすく万能ロッドだった。
もう既にこれの7.7ftが欲しくなっている(笑)

c_20160808094458409.jpg

そしてかなり濁っている中、かわいいサイズであるけど入魂完了。

もう少し川のコンディションがよい時にじっくり攻めたいと思う。

今のところはキャストに集中。
シュッ!!と音を立てて投げられるようにしないとが今の目標。

勿論ベイトタックルも今までとおり健在、ベイトでないと出来ない釣り方もやっぱりあるので。

基本ベイトタックルが好きなんでね。






テーマ:フィッシング - ジャンル:趣味・実用

  1. 2016/08/09(火) 18:51:17|
  2. Trout Fishing
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

久しぶりの本流トラウト

海の日の連休で行く予定だった本流トラウトだったが、仕事の都合で行けなくなり先日久しぶりに長野へ。
先週辺りまで増水状態だったらしいが、この日はほぼ平水から-10cm~20cmといったところ。



今回は僕がルアーで、同行者はフライの二刀流。
まだ薄暗いうちから目当てのランにはいるがしばらく沈黙が続く。
辺りが明るくなってきてランの終りが近づいたところで7cmミノーでヒット。

サイズの割にはまあまあ引いてくれたのは25cmぐらいのブラウン。
その後、直ぐにこれより少し大きいのがヒットしたが途中でフックアウト。
この白いブラウンはサイズの割にはよく引く。

しかし本命は現れてくれない。

10_201607271449415af.jpg

そして移動をして前回かなり大きいのをバラした岩盤帯へ。
しかし、そこでも何の本能もなく転々と移動するが反応無し。

11_2016072714494297e.jpg

昼食をとって少し休憩してから大きく場所を移動した。
そこで悲劇が発生!!
ランを終えて同行者の元へ、不注意でロッドを地面に落としたら・・・ティップが折れてしまった!!
購入してわずか3ヶ月の出来事。
このロッドを使うと何故か釣れるのでそういった意味でも気に入っていたのに、かなりのショック。

13_20160727144945877.jpg

夕まずめに入るランでタックルの入れ替えを行い釣り下るが、結局反応のないままタイムアップ。
同行者はフライで何発かアタリがあったのと、40cm越えのレインボーをキャッチしたとの事。
フライに分があるのはわかるが結構厳しかった。

14_20160727144946abe.jpg

帰りはいつものジンギスカンで反省会。

15_201607271449584da.jpg

毎回来る度に思うがここのジンギスカンは美味い!!
これが食べられただけでも良しとしよう~!!

ロッドはどうしようか検討中。


テーマ:フィッシング - ジャンル:趣味・実用

  1. 2016/07/27(水) 17:10:41|
  2. Trout Fishing
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
前のページ 次のページ