FC2ブログ

Cigarettes and Coffee

Bass & Trout Fishing

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

先日の釣りの後。

先日の半年ぶりの本流。

試したいことが盛りだくさん。

まず最初のランではスピニングタックルで以前買っておいたハンドメイドミノーを筆頭に試したかったミノーをあれこれ替えての動作確認。

そして、二箇所目のランから新しく新調したベイトタックルの組合せ確認を。

3_20180310103527bda.jpg 

以前購入しておいたアンバサダー5500CAファクトリーチューンとソウルズTF-E82HCの組合せでまずはスタート。
アベイルのスプールに入れ替えた55CAに10gスプーンからスタート。
かなりの重量級の組合せではあるが、バランスが良いのか手元に重さがくるので持ち重り感なく使っていて苦にならない。
アベイルのスプールに入れ替えた55CAは10gスプーンは何のストレスも無く飛んでいってくれる。
7gまでは普通に使えた。

ミノーについてはロンズ9cm SSは不安無くキャストできるが、リュウキS 7cmクラスになると突然キャストに不安がでてくる。

3回に1度はバックラッシュ。
メカニカルブレーキを締めるもこのリール遊びが殆どなくフルロックして気持ち緩めると9gミノーがスルスルと落ちていく。
色々と試して見たが、バックラッシュ解消になるよい結果が得られなかかったのは残念。

その後はロッドの使用感を味わうためカルカッタコンクエストに替えた。
ロッドに関しては、ほぼ満足出来た。
今度は雪代の水量が多い時期に重めのスプーンをつけて試して見たいと思った。



そして、リールだが釣行後いろいろ考えてまずはブレーキブロックの入替。
この55CAのブレーキは何故か昔ながらの茶色いベイクライトの2点ブレーキになっている。

そこで、ブレーキブロックを大きくしようと以前購入していたウルトラキャストのリールからブレーキを移植。
これで、ブレーキがどのくらいかかるかが次回の課題。

1_201803101025454e8.jpg 

リール自体まだアタリが出ていないのでこれからだけど、それでも弱ければ4点に変更も視野に入れておこう。

単純に重めのルアー専用機にすれば良い話なんだけどね。
最近川はスピニングタックルに慣れてきたのでそちらがメインにだけど、このリールは湖では凄く使えそう。
中禅で是非使ってみよう。





スポンサーサイト
  1. 2018/03/10(土) 11:12:00|
  2. Trout Fishing
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<トラウトボートフィッシング2回目 | ホーム | 2018本流トラウト1>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://ledking13.blog17.fc2.com/tb.php/326-fc5887dc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。