FC2ブログ

Cigarettes and Coffee

Bass & Trout Fishing

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

2012遠征

思いつきで、本当に行く事になったのは2週間前。

今年は体が無理だろうと諦めていた遠征だったが、ほぼ毎日のストレッチとウォーキングに減量の成果があってか、ほぼ痛みも無くなったので重い腰を持ち上げ行くことに決定。

今回は今まで避けるように拒んでいた湖に行くことに。

会社を定時であがり、夜9時過ぎに目的に向かいいざ出発。
いつもの3名の予定であったが、残念ながらビルダーは行けなくなりいつものコージ君と二人のロングドライブ。

最近彼とのロンドライブでは行きのBGMはThe Willardが定番だったりする。



片道6時間の高速道路の旅。
特に渋滞もなく午前3時前には目的地に到着した。
そういえば、こっちは日の出が少し遅いんだよなと思いながら、現地で合流するPVテスターのY氏待ち。
現地では夜組?早朝組なのか真っ暗のなか既に何艇かボートが浮いている。

そうこうしているうちにY氏到着。
こちらは、全く様子がわからないので明るくなるまで仮眠をとることにした。

a2.jpg

うっすらと明るくなってきて、準備を終えて出廷。、Y氏は馴れたフローターでの釣り。

事前に、リリーパッドの道具もあった方が良いとのことで、フロッグゲーム用のタックルも用意し試し投げをしたら突然のトラブル発生。
初めてのロープロリールで一投目から大バックラッシュ(苦)
原因は直ぐに判明した。
PEラインの巻きすぎたためで、いつもなら簡単に直るのだが今回はラインを切る程の状態で30分以上四苦八苦状態。




なので出廷からしばらくは初めてのフィールドの景色を楽しむこともできず、釣りの組立も出来ない状態だった。
結局1/3程ラインを捨てて何とか直し終わって一安心しら、直ぐにコージ君にヒットした。
遠征1匹目はフロッグで45cm

a3_20120926145243.jpg

これで、何となくポイントを理解してからコージ君にヒット多発。
現在テスト中のPVポッパーで48cm

a4_20120926145248.jpg

続けてプロトヌルディーSPで45cm

a5.jpg

この間に、Y氏もヌルディーSPで二匹ゲット。
兎にも角にもヌルディーSPが調子がいいようだ。

この間私はというと、FTシェイキーハウンドに横っ飛びでバイトしたのに見とれて藻に潜られ見事に1バラシ。
相当焦ってたりする。

朝9時を過ぎたあたりから、反応もなくアオコも酷くなってきたので一端引き上げ、夕方狙いへ。

a5_1.jpg

夕方の部コージ君またまたヌルディーでキャッチ確か45cm位。
このあたりでサイズ感覚が狂い始めた。

a6_20120926145326.jpg

Y氏は何回もヒットはさせているが、手前でバラシしているものの引き味は充分楽しんでいる模様。
お目当てのサイズ以外はランディングが面倒なのでそれでいいらしい・・・。
さすがに今年60オーバーを釣っているだけのことはある。

しかし、それを聞いていて本気で湖に沈めようかと思ってしまった(笑)

正直ワンバイトしかもらっていない自分は相当焦っていた。
途中、参加できなかったビルダーから電話があり、状況を説明していたらまた煽られるし・・・。
と思った矢先、やっと自分もヒット。
ヌルディーSPでやっと48cmをゲット。
ほっと一安心。

a7.jpg

a11.jpg

その後、時々ボイルが始まり自分のに乗らなかったのがコージ君のポッパーで48cm。
今日の彼は非常についている。

a8.jpg

もう目が完全に慣れてしまい、それなりのはサイズを測らなくなっていた。

a9_20120926145359.jpg

夕方になってから、今まで吹いていた風が止んできた時。
J.Skinkでコージ君にメガバイト。

a10.jpg

今までのと比べロッドのしなりが尋常でなくかなり焦っている状況にコージ君も大興奮。
ボートシーバス用に製作したトルクマックス5.3ftがかなりいい感じに曲がっていた。
しかし冷静にその状況を端から見ているのは非常に楽しい。
格闘シーンの写真撮ったりしてたけど、そろそろ手助けしなければとランディング。

a12.jpg

船に上げると、確実に今までのより一回りサイズが違う。
測ってみると54cmの見事なバス。
この池では大したこと無いサイズだろうが、日々厳しい関東でこのサイズはなかなかお目にかかれない。
とりあえずコージ君、記録更新おめでとう。

とりあえずドヤ顔で一枚撮らせてもらった。

a13.jpg

スペシャルカラーのCJS。
青い尻尾が魅力的だったのかな?

a14.jpg

実はこのに間にY氏も49cmをキャッチ。
この日ヒットさせたのは全てヌルディー。
さすがテスターやっているだけのことはある。

a15.jpg

翌日、朝からかなり激しい雨。
フィールドに到着してからしばらく様子をみながら出廷。
恵みの雨になるかと思いきや、ボート組は結構渋い。

バイトはあるものの食いが浅い。
それでも、PVプロトダブルスイッシャーでそこそこのをキャッチ。

Y氏はフローターで朝から調子が良かった。
某社のダブルスイッシャーで直ぐに反応があり、見てる前でキャッチ。
その次に横から全身の魚体を出して食ってきたのは今までのとは違った。
これはいったか!と次の瞬間あえなくラインブレイク。
20lbラインが切られてしまった。

しかし、その後もヌルディーでそれなりのをヒットさせていて、バラシを混ぜてのヒット数はかなりの物だ。

a16.jpg

a17.jpg

コージ君は昨日で全部運を使い果たしたのか、キャッチできずに午前の部終了。
夕方までの時間、他のフィールドを探索。

次回の参考にしたい。

a20.jpg


a21.jpg

夕方入ってみると意外にアオコが酷かった。
暗くなりかけた時、沖にいたボートがいなくなった後、そこまで探索。
オール付のフローターは機動力が凄い。

a18.jpg

到着そうそう、Y氏が立て続けに2本。
ボート組もいざと思った瞬間、強い風が吹いてきて釣りにならなくあえなく強制終了。

3日目は朝から白波が立つほど波が酷く、かなり広範囲に色々廻ってみたが何処も厳しい。
結局最初の場所に戻り、ワンドで浮いたがフロッグで2発バイトをもらっただけで時間切れ。

大概初遠征はフィールドの状況が分からず、あまり釣果に恵まれないものだが今回は調子がよかった。
特に、ヌルディーSPとポッパーでのヒット率が高いのが素晴らしく、ざっとアベレージを計算すると47cmなんてあまりにも出来すぎだ。
ある意味フィールドテスト大成功になった釣行だった。

a19_20120926152205.jpg

これから秋のパターンになって更に調子がよくなるらしく、後ろ髪を引かれながら今回の遠征は無事終了した。
また行ってみたい。






後日Y氏から写真を頂いた。

4枚中上から2枚が同行した時の写真。
下2枚はその二日後単独で行った時に釣った写真だとか。

セカンドヌルディーで52cm、ピーカ・ブー22で48cmだとか。
ここのバスも飼いならさないでね。


一番上の写真は沖でVサインをしていたけど、遠すぎた。

DSC02538.jpg


DSC02545.jpg


DSC02547.jpg


DSC02550.jpg



スポンサーサイト

テーマ:トップウォーター(バス釣り) - ジャンル:趣味・実用

  1. 2012/09/27(木) 19:56:11|
  2. Bass Fishing 
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<マジック。 | ホーム | 負のオーラ>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://ledking13.blog17.fc2.com/tb.php/248-906712a1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。