Cigarettes and Coffee

Bass & Trout Fishing

FAV1660J

今年3月に販売予定だった、Budd&JoeyとFenwickのコラボレーションロッド FAV1660Jが先日販売された。
せめてあと1ヶ月早ければ、が率直な意見だったりするが無事に販売されて良かったと思う。

ブランクの特性とか難しい事はわからないので、それはティムコのHPを参照と言うことで・・・。
低弾性カーボンとアラミドヴェールで形成されたテクナのトップウォーターロッドってところなのだろう。

7_20151130230257c76.jpg

見た目はクラシカルな風貌でありながら、実は最新のブランク。
Budd&Joey全てのプラグを気持ちよく使える設定になっているらしい。

11_20151130230319556.jpg

実はこのロッドの試作品を3回ほど振らせてもらえる機会があった。
岸からのキャスト2回とボートからのキャストだ。

まずはこのロッドを振って思ったのは、とても良く曲がり、グラスロッドのようなタメが出来る事、そしてキャストをするときにバットの強さを感じる。
大体は竿先で仕事をしているような、普通にキャストしていても弾道は低いので、ボヨ~ンといった天麩羅キャストにはなりにくかった。
だからといってアクションの付け具合も悪くなく素直にプラグコントロールもやってくれる。

1_20151130230228198.jpg

そして何よりキャストビリティーが抜群に優れている。
今まで色々なロッドを振ってきたけど、このロッドは曲げた時のネジレが起きにくいのか、狙った場所へ正確にキャスト出来ることだ。
バックハンドキャストも優れていて、狙った場所へのアプローチがとても容易に出来るのも秀逸。
遠投性も優れているため、飛びすぎる感があるので逆に近距離戦は少々慣れが必要な感じだ。
どちらかというと、川や野池というよりかはリザーバーや自然湖といった距離が取れる場所には最適だと思う。

8_20151130230302f23.jpg

以前リリースしたパペットマンにはフェルールにプレートが装着してあったが、今回はプレートも一新されグリップに装着されている。
プラグは勿論のことタックルボックスやこのロッドにもBudd&Joeyのプレートが付くのは拘りなんだろう。
これだけでフェンウィックに負けない主張がある。

6_201511302302546cd.jpg

さて、このロッドに載せるリールを模索中で、とりあえず載せるであろうリールをいくつかピックアップしてみた。
まずはBudd&Joeyの藤田さんと同じ組み合わせで、ABUモラムZX1600IVCB-4との組合わせ。
最初はこの赤が邪魔するかと思ったけど装着すると意外となじんでいる。
大きさ的にも使い勝手も◎
遠投させたい時は間違いなくこの組み合わせかZX magの二択。

4_201511302302328db.jpg

こちらはABU ウルトラマグⅠとの組み合わせ。
合わせるグリップが難しいウルトラマグもバランス的見た目的にはOK。
この組み合わせで前回のリベンジを果たしたい。

3_20151130230230575.jpg

こちらはABU 5500DA。
やはりフェンウィックのグリップにはABUの5000番台が一番しっくりくる。
しかし、5000番のローギア比、5500番が重く感じてもう10年以上使ってないので、その中でもハイギア(1:4.7)と軽量で比較的使いやすいパーミングカップの5500DAをセレクト、この組み合わせはどこかで使ってみたい。

2_20151130230229ea8.jpg

最後はお約束で、ABU 2500Cの組み合わせ。
使い勝手は間違いなくダントツで一番なのだが、やはりリールがグリップに対して小さいのと、琵琶湖ではパワー不足が否めないのでこの組み合わせは気が向いたらって感じになりそう。

12_2015113023032235b.jpg

昨日、大阪のY氏がロッドの引き取り後、陽気も良かったのでぷらり浮いて、早速入魂したとか。
二日前話した時はもう納竿でしょうなんて言っていたのにうらやましい。
これで無事に納竿だとか。

このロッドは今回のリリースだけで次回は無いらしい。
無くなってから欲しくなるのはどうも人間の性らしくフジグリップの様に信じられないくらい価格が高騰するかもしれない。
気になる方はまだ購入できるうちに手に入れられた方が良いと思う。




スポンサーサイト

テーマ:トップウォーター(バス釣り) - ジャンル:趣味・実用

  1. 2015/11/30(月) 23:44:13|
  2. Bass Fishing 
  3. | コメント:0

11月のまとめ

気付けば前回の更新から1ヶ月過ぎてしまった。
11月ももう残すところ。

11月は上旬にバス釣りに行って一人見事にノーバイトで終了。
同船者は各1匹づつ釣ってましたが・・・。

昨日までの気候だったらまたバス釣りに行きたかったが、今日の寒さで完全諦めモード。
まあ、誘っても誰も行ってくれないと思うけどね。



その時の持っていたプラグはこんな感じで、片面はハンドメイドでもう片面はヘドンたっぷり。
朝の強風による寒さが無かったもっと頑張れたんだけどね。



その時に持っていた中で、バルサ50のクワイエットバットのフロントアイが良い感じに下向きにヒートンが入っているので、某名ルアーを意識してフロントにペラを装着。
フィールドで試してみると完璧。

首振りも良し、タダ巻きも良し!
気分でブレードも交換してみようかなんて思ってみたりして、来シーズンは期待大。



あまりにも良かったので、二号機も作ってしまった(笑)


11月上旬はこんな感じ。



後半の先日は、久しぶりにトラウトフィッシング。
今年はあまりにの釣り人でハイプレッシャーリバーになってしまい、夜明けと共にスタートしたが見事に完敗。
センスが無いのは分かっているけど、そろそろきっかけが欲しいところ。

次回頑張らないと。


テーマ:フィッシング - ジャンル:趣味・実用

  1. 2015/11/25(水) 20:07:33|
  2. Diary
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0