Cigarettes and Coffee

Bass & Trout Fishing

リベンジ

先週の完敗にリベンジすべく今回も懲りもせず殖産エリアへの釣行。
今回は気合いを込めて早朝よりの出発だったが、久しぶりに寝坊してしまい同行者に迷惑かけてしまった。
それでも予定より30分遅れでなんとか朝まずめには間に合ったと思う。

184.jpg

先週のナイロンライ12lbで失敗したので、今回は急いで注文したPE1.5号に巻き替えてのリベンジ。
最初は軽いミノーがどれくらい飛ぶのかを兼ねて良く曲がる7.0ftのロッドで試してみた。

182.jpg

まずは10gのミノーで試すと前回の12lbから比べると段違いに飛んでいった。
その次は、5.4gのリュウキ70MDFを恐る恐るキャストすると、思っていたよりは距離が出た。
そして、何時ものキャストをして何も考えず巻き取っていると手前2~3mの辺りでヒットした。

181.jpg

手前でのヒットでそのままロッドで浅場まで引きずりあがったのは50cmは無い位の放流物ニジマスが釣れてしまった。
やりとりは多分10秒もないくらいでブレーキセッティング中だったので、肩すかしをくらい、贅沢は言えないけど正直釣ったというより釣れた感だったのであまり喜べない気持ち。
それでも、この一匹で今日の期待感が膨らみ本格的に流し始めた。

183.jpg

川のコンディションはやや濁りがあるが先週から比べかなり綺麗な水色だったので期待しながら流していてもいっこうにアタリすらない。
流し方も色々変えたり、トゥイッチを入れたり、何もしなかったりと、何時もより丁寧に流しているつもりだが反応がない、次の場所へ移動してスプーンで小さなバイトをもらうがそれ以降何もなく昼になってしまった。
休憩&仮眠を取って午後の部をスタートするも全くもって無反応。

185.jpg

最後のエリアは対岸のテトラの淵を狙うべく8.6ftに変えたが、今までは届く範囲なのにコンクエストではどうにもあと3m程届かない。
このリールはどうにも後半の伸びが弱いやしい。
もう少し調整してみて判断しようと思う。

この日も暗くなるまで川に立ち、背中と腰がパキパキになるまで釣りをしたが結局、朝の偶然の一匹で終了。
次回につながるヒントも見つけられないまま今回も終わっていった。


スポンサーサイト

テーマ:フィッシング - ジャンル:趣味・実用

  1. 2015/10/19(月) 20:57:41|
  2. Trout Fishing
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

久しぶりのトラウト

s1_20151013192914d51.jpg

この連休は本当ならバス釣りに行く予定だったが、釣り場の状況が芳しくない話だったのと友人とのスケジュールの調整が付かなかったりと・・・結局最終日にレインボーを釣りに長野へ。
気持ちはまだまだバスモードなんだけどね。

実は今年も下手なりにトラウトの釣りはぼちぼちではあるがやっています。
地元利根川のウエットフライの釣行は今年は数回しか行けず、年券の元は取れていない状態(笑)
その代わり、1月から長野殖産エリアはチョコチョコではありますが行っていたり。

しかし、2月の初旬に釣って以来トラウトはノーフィッシュ状態。
今回はブログに書いてみたけど、結論からいうと安定のノーフィッシュで終了。

しかし、今回はトラウト用に14カルカッタコンクエストをおろしたので、それのインプなどを・・・。

s2_20151013192915c99.jpg

急な誘いだったので、PEラインの調達が出来ていなかったのでさすがに8ポンドでは頼りないので、12ポンドナイロンを仕込んでの挑戦。
友人はPE1.5号でブレーキブロック1個で快適だったとの事だったので、僕もそれに準じてブレーキブロック1個にて挑戦。
まずは恐る恐るのリュウキ7cmでの一投目、メカニカルが緩すぎて一発目でバックラッシュ。
正直メカニカルをそれなりに締めないと(クラッチフリーでルアーが落ちないくらい)かなり危険な状態。
10g~のスプーンで試すと何の問題も無く思っていた以上に飛んでくれるのは嬉しい。
しかし、ミノーが思っていたより飛ばない、ひと伸びの期待がなくマグネットブレーキばりに急に終息してしまう。

今年はモラムZXのIVCB とマグをトラウトに導入していて、その二台共(特にマグ)かなり飛んでくれるのでそれから比べると物足りなさ感がある。

そこからはブレーキブロックを増やしていき、その代わりメカニカルブレーを緩めていき最終的にブレーキブロック3個でメカニカルはクラッチを切るとルアーが多少抵抗がある状態で落ちていく位でこの日は落ち着いた。

しかし、ミノーを気持ちよくキャストできるのはDコンやリュウキの8cmクラスで少し軽め7gぐらいのミノーはブレーキ調整をやらないと厳しい状態だった。
今回はラインがナイロン12ポンドと少し太めのラインなのでモラムと比較は出来ないので次回までにPEラインを導入しようと思う。(しかし、シマノは細いPEは糸噛みするらしいので1.5号クラスからがベストらしい?)

s3_20151013192917791.jpg

午前の部はK氏がスペイで20cm位のを1匹とそれなりのを1匹ばらしで終了。
途中すれ違うアングラーに聞くとコンディションはそんなに悪くはなく放流物ではあるがキャッチしているとのこと。
違う場所に入り、何時もより増水しているため7ftのロッドでは物足らないので今度は8.6ftにモラムZX MAGに変えてみた。
使い慣れているこれはブレーキ調整も必要なく、5g~18gまで実に快適。
やっぱり、アブ体質なのかな~?なんて思いながら暗くなるまで続けるもノーバイトノーフィッシュで終了した。

zin.jpg

釣れても釣れなくてもここに来たら必ず寄る「ろうかく荘」へ、ここのジンギスカンは常に安定して美味い。
羊肉って不思議とお腹に堪らずガンガン食べられるのは毎回思うこと。

3時に遅い昼食を食べても6時に二人でラム3人前、上肉(マトン)1人前をぺろりと食べてしまい更に追加できそうな勢いは驚き。

また食べたくなったらここに来ます。

相方は既にマスモードに突入しているけど、僕はもう少しバスモード。

バス釣りに行きたい。


テーマ:フィッシング - ジャンル:趣味・実用

  1. 2015/10/13(火) 20:29:53|
  2. Trout Fishing
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0