Cigarettes and Coffee

Bass & Trout Fishing

Nuru Dee SPの威力。



まだ今年を振り返るのは早いけど、7~9月で3回、計6日間の琵琶湖釣行の中で、今年もまたパーマネント・ヴァケーションのヌルディーSPには大変お世話にている。
まだ琵琶湖は通い始めて4年程だが、最初の年からその威力は発揮していた。
最初はウィード対策でどうしてもダブルスイッシャーが使いにくく、風が吹いてしまうとペンシルベイトやポッパーではアピールが弱くその対策でのリアスイッシャーとして使っていたが、手持ちのリアスイッシャーの中で一番アピール力があるのか?その辺りは不明だが兎に角バスが反応してくれた。
この前もそういう時があったが、これにしか反応がしない時もあったほどで、思わぬところでヒットルアーを発見した。
また反応してくれるバスが比較的良型なのも凄い。(今年は仲間内でヌルディーで4本の50アップを釣っている)

5_201509282254330c3.jpg

以前の記事にも書いた思うが、琵琶湖だけではなくホームの川でも比較的反応がよく、PVのプラグの中では一番釣っているプラグだったりしている。
もちろん釣れるから出番も多く、なかなか理解して頂けないがそのやや不規則な動きがたまらなく好きなのも、よく使う理由なのかもしれない。

さて、今回は琵琶湖での使い方の話。
仲間含めて6月の初夏から10月ぐらい迄、シーズン通して釣れているのでいつでもOKだと思うけど、それでもやはり9月の秋パターンが一番活躍するプラグだと思う。
もちろん首振りアクションでも釣っているけど、比較的縦引きアクションのほうが反応がいい。
琵琶湖の餌と称している某メーカーのポッパーも首振りスプラッシュより首を振らず縦にひいて大きな泡を立てたほうが反応が良かったりする。
このヌルディーもキャストして一定のポーズを取り、小さくダイブさせ、チョン、チョンチョン的なアクションをさせると一瞬ダイブさせ浮き上がった時に数回頭を水面に叩かせるアクションを何度か行い、その後ゆっくりリトリーブさせ手前まで気を緩まずといった感じが理想。

大体、最初か二回目のアクションでのバイトが多いが、落込みポーズ中やリトリーブ中にヒットもある。(但しその時のたまたまだと思うが・・・)

顎が切れているのでそのスプラッシュと浮力による波紋とポロロロと回ったペラの音が良いのかもしれない。

4-1.jpg
先日の釣行でK氏がキャッチした51cm


6_201509282255080bb.jpg
今年の4月末、Y氏が釣った56cm


8_20150928225511d71.jpg
去年私が釣った48cm


今年もキャッチしたバスの数も、先日の釣行でのバイト数の多さも、ヌルディーが一番多かった。
使うのに少しコツがいるかもしれないけど、それでもリアクションを入れて艶めかしく動かすのは得意なヌルディーSP。

一匹キャチしたら間違いなく気に入って頂けるプラグだと思う。



スポンサーサイト

テーマ:トップウォーター(バス釣り) - ジャンル:趣味・実用

  1. 2015/09/29(火) 00:12:50|
  2. P.Vacatin
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

2015遠征 6(後編)

二日目の朝4時半に大阪のY氏と御大に合流。

二人はフローターなので、ワンドのパッチ周りをメインに攻めるため、僕らボート組は前日同様に沖を目指した。
風も穏やかで少しさざ波がたっていて状況は抜群。
開始早々沖のエビ藻帯でヌルディーSPでバイトをもらうがフッキングに至らず。
沖の釣りでは二人で10バイト以上だしてるが、結局フッキング出来なかった。

5_20150926154714580.jpg

ダブルスイッシャーやライブリーなど色々試したけど明るくなるに連れて反応がなくなっていく。

時間も7時に近づいてきた頃Y氏に連絡を取ると、5バイト2キャッチしたとか。
ヌーマウスで反応良かったらしいので、それにあやかってヌーマウスでパッチ周りを攻めると早速ヒットした。
藻化けしないように必死に巻いてもバスが寄らない、よく見るとドラグを締めるのを忘れていて時既に遅し・・・。
そこで朝の部は終了した。
7_2015092615471734a.jpg
今回のタックルは前日はABU モラムSX3600C HS と5500DAだったが、5500DAはロッドとのバランスが悪く曲げてあげないと飛ばないのでポジション的に使いにくかったので途中でコンクエスト100に変更。

一旦あがり昼食と休憩を取り夕方の部に備えていると、急遽用事が入ってしまったと御大が退場。
夕方は3人で始めた。

朝同様、僕らは沖を目指し進んでいくと風はそんなに強くはないがうねりが酷かった。
そんな中ダブルスイッシャーを引いてくるとヒット、しかしランディング手前でジャンプされてバラシ。
その後もバイトがあるが食いきれなずヒットしてもバレてしまう状況。

日が沈み始めた頃、風と波も落ち着いた頃、K氏のヌルディーSPにヒット。
47cmのバスだった、この一匹からK氏に火が着いた。

12_20150926154737736.jpg

これが釣れた後B&J ピーカ・ブー アメージングに変えさっき釣った穴じ場所で連続ヒット。
今度は49cm。
13_201509261547392f2.jpg

更に少ししてエビ藻エリアでB&J バウバブ♀22で49cm。
14_201509261547403ac.jpg

そんな中相当焦る自分(笑)
小さなパッチの横で出たのは20cm位のかわいいサイズ。
ルアーはPVのプロトWP
15_20150926154758d07.jpg

もう辺りは暗くなってきたので戻りながらの釣り。
K氏の得意な海馬で40位、確かこのルアーで更に1~2匹キャッチしていたと思う。
16_201509261547595c5.jpg

今度はPVのWPでなかなかのサイズがヒットした。
途中ロッドからリールが外れるというアクシデントがあったが藻の塊から出てきたバス。
17_20150926154801689.jpg

この後戻りながらもバイトはあったが、今回はこれにて終了。
暗い中待っていてくれたY氏もそれなりのバイト数と数本のバスをキャッチしたらしく、その中写真を送ってくれた。

18_20150926154802364.jpg
Budd&Joey ピーカ・ブーアメージング

19_20150926154804e1b.jpg
Budd&Joey ヌーマウス22

20_20150926154912416.jpg
Budd&Joey ヌーマウス22

Y氏はその二日後にも行ってく反トンボで50アップ2本と45cm1本をキャッチした。

21_20150926154913982.jpg

22_20150926154915daa.jpg

23_201509261549166f6.jpg

今回は久しぶりのボートと久しぶりの沖での釣りが出来てとても楽しかった。

今年はこれで、ここの釣りは最後だと思っているけど、やっぱりまた行くたくなるね。

テーマ:トップウォーター(バス釣り) - ジャンル:趣味・実用

  1. 2015/09/27(日) 22:23:08|
  2. Bass Fishing 
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

2015遠征 6(前編)

9月のシルバーウィークに前から予定していた今年3回目のビックレイクへ行ってきた。

今回は、連休前半にイナズマロックフェスがあるので、それを避けて21~22日の一泊二日の旅。
道中の渋滞を考慮して何時もより早く出発したら、以外にも空いていて何時もより早く到着してしまった。

8_20150926154719405.jpg

今回はK氏の強い要望で、久しぶりのボートでの釣り。
フライで川釣りばかり行っていると、孤独なのと釣った魚の喜びを仲間達と分かち合えないのが理由なのだとか??
確かにその気持ちは良く分かります(笑)
最初行きたかった場所へ向かうと、何かのイベントなのか?既に10隻以上のカヤックが出船の準備をしていたのであえなく場所移動。
その後何ヶ所か回ってみると手前にウィードが多く、ボート降ろせるか不安だったため、ウィードの少ないエリアからスタートした。
さすがに日の出が遅くなったので何時もの時間でもまだまだ暗かったけど、仮眠をとる時間もないのでマズメ時にいいエリアで釣りをやりたいので出廷した。

最初はパッチ周りをメインに始めていると、ヌルディーSPにさっそくバイトをもらうがのらない。
5~6バイトもらったところで、やっとヒットした。



ランディングしたと同時にフックが外れてしまったが、最初のヒットはヌルディーで41cm。

とりあえず一安心したので、その後のポイントをK氏に譲ると直ぐにヒットした。

3_201509261546542d6.jpg
ヌルディーSPで35cmをヒット。

その後も、何度かバイトをもらい、写真は撮らなかったがアラパイマJrで20cmくらいのがヒットした。
その後、K氏の卸したてのヌルディーSPにかなりデカい雷魚のバイトをもらい、雷魚の噛み穴を開けられ凹んでいると、
今度は沖釣りで、かなり派手なバイト&ヒット。

ランディングしてサイズを測ると51cmのナイスバスをキャッチした。

4-1.jpg

その後、太陽が昇って陽が出てきてからは何時ものように反応がなくなり朝の部は終了した。

昼過ぎまで仮眠を取り、昼食と新しい場所を探しに場所を移動。
昼食を取るためお店へ向かうが午後2時になろうとしているのに何処も満席。
手っ取り早く昼食はコンビニで済ませ、夕方の釣り場へ向かうが何処もバーベQの人達で駐車場は満車。
仕方が無くダメ元のポイントへ行くと運良く停まっている車が一台もなく、二年ぶりの場所からスタートした。
ただ、蚊が凄くボートに乗ってもしばらく刺され、ホテルに戻ってみたら10数カ所刺されていた(苦)

釣りを始めるもしばらく反応がない、風が吹き始めて体が冷えたのか?急にお腹が痛くなってしまい、K氏には迷惑かけたが最寄りのトイレまで移動してもらった。
最寄りと言っても30分以上かかる場所だったため、久しぶりに長時間あの苦痛に耐え、用が済んでからはしばらく放心状態が続いた(笑)

6_201509261547163f2.jpg

マズメの時間に近づいてきても朝と違って反応が皆無、プライムタイムの何時もだったら出るだろうと思っていた時間にも何にも無く、気付くと辺りは大分暗くなっていた。

9.jpg

10_20150926154734fe5.jpg

大分遠くへ来てしまい戻りながらエレキを回しっぱなしでめぼしいところを打っていくとK氏の痴虫の海馬でいくつかバイトが出始めた。
構造的にフッキングが悪く、バラしたりしていたが、なんとかキャッチ。

11_20150926154736d5d.jpg

良く釣れるルアーだと聞いていたけどあの暗くなってからのバイトはハンパなかった。

あの音とブレードの威力に完全にやられてしまった。

翌日は大阪からY氏と御大を迎えての第二弾。


つづく。

テーマ:トップウォーター(バス釣り) - ジャンル:趣味・実用

  1. 2015/09/26(土) 17:11:34|
  2. Bass Fishing 
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0