Cigarettes and Coffee

Bass & Trout Fishing

2015遠征 5

今年の遠征釣行は3月の九頭竜川遠征から始まり今回で5回目。
お盆休み突入直前にKJ氏からお誘いがあり、無理かと思っていた宿も簡単に取れて1ヶ月ぶりに再びビックレイクへ。

現地で大阪Y氏と合流してここにおいていつもの3名での釣行。
前回台風の影響で入れなかったポイントに入るべく暗いなかから準備して湖面に浮かぶが、去年まで有るべきところにあったウィードがない!!藻刈りで綺麗に刈られていた。
オール付きフローターとはいえ広範囲にウィードを探すのは至難の業、早々切り上げて前回入った場所へ移動。

プライムタイムを過ごしたのと、かなりの強風なため、やる気は一気に下降気味。
狙いたいポイントにはルアーは飛ばないし、飛んだとしてもラインがウィードパッチの上だったりと・・・、それでも一回だけパッチの窪みから激しいバイトもらうが波が大きくて乗らず。
天気は曇っていたけど、朝8時を過ぎる頃には太陽が完全に出てきて釣れないモードに突入して午前の部は終了。
友人Kはバイトのみ、大阪Y氏は諸事情により別の場所に入って生命反応がなくノーバイトで終わったらしい。

16_20150816170344c26.jpg

琵琶湖釣行は、去年からほぼフローターになっている、ここでボート出したのいつ?って思うくらい出してない。
最初は慣れないフローターだったけど最近は取り回しやポジション取りの感覚がわかってきてとても楽しくなった。
またオール付きなのでそれなりに広範囲に行けるのと、多少波が荒くても転覆の心配が無いのもいい。
ただ、会話しながら釣りが出来ないのと写真を撮って貰えないのがちょっと寂しい。

14_20150816170323aaa.jpg

一旦上陸して昼まで仮眠を取り、昼飯を食べに湖畔を見ながら移動していると、朝一で入った場所は沖に大きなパッチが有るのを発見。
しかし、あれから探していたとしても、暗くてあの波の中では多分発見できなかったと思う。
他の場所も見てみたが今回は沖にパッチがあるのが目につく。
何時来ても表情が変わるので、「ここ!!」っていうところが見つからない。

そんなこんなで夕方になり、生命反応を感じたという理由で3人で朝仕切り直しした場所に入った。

しかし打てとも打てとも反応がない、それからしばらくするとY氏からラインが・・・「やっぱりと」思っていたらこんな写真が入ってきた。

26.jpg
B&Jのバウバブ32で42cm。

相変わらず釣るなーと思ってからしばらくすると、更にY氏からラインが、、

27.jpg
P.VのプロトWPで綺麗な雷魚。

Y氏は雷魚が苦手らしく、フックを外す際に大暴れされてフックが折れるハプニング。
これで今回WPは殉職。

こちらはかなり焦る、狙っているパッチ周りでバイトすらない。
ちょうどその頃、KJ氏も釣っていたらしい。

更に追い打ちをかけてY氏からラインが入り・・・。
またか!!
28.jpg
P.V ヌルディーSPでまたまた42バスの写真が・・・。

18.jpg
辺りが徐々に暗くなり、太陽が雲がかかると大分暗くなってきた。

パッチ周りはトロロ藻が酷く、ペラ物を投げても一回でペラに絡んでくるので、ペンシルやポッパーを使っていたがY氏がペラ物で調子が良いので、僕もヌルディーに変え小さなパッチの端を攻めると、バイトがあったが瞬殺にバレた。
そこから沖に向かいながらヌルディーを縦にジュ、ジュ、と引いてきたところでまたバイト。
今度はバラさないように慎重にやり取り、手前まで巻いてきた時は対して大きくないと思っていたが、そこから一気に潜られ激しいツッコミでドラグ調整しながら無事ネットイン。

19.jpg
今回も焦ってしまい、インスタ用の画角(正方形)で撮ってしまい全体が上手く映らないのは勘弁。

写真だと大きく写っていないけど・・・ヌルディーで53cmの記録更新バス。

20.jpg

こういう時には人に撮ってもらいたい。
次回までには具合の良いスケールとデジカメは絶対忘れないようにしようと思った。

そして、時間も体力もタイムアップ。

早朝も同じ場所でやる事になり、夕食をとって宿へ向かった。

翌朝4時に現地到着。
準備して暗いうちから始めるも反応はない。
徐々に明るくなってきて、雲もかからず早い段階で太陽が顔をだす。

15_201508161703255cf.jpg

トロロ対策でポッパー、ペンシルなどを使っていたがバイトがない。
やっぱりヌルディーかな?と思い付け替えてキャストしていくとようやくヒット。
20cm位のかわいいサイズがやっと釣れた。
ヌルディー強し!
11_20150816170319e96.jpg

もう6時を過ぎた頃には完全に明るくなり、釣れる気配がなくなってきたので、タダ引きで使えるのを探したら前から気になっていたニンナのウラコアを引いてきたら余程あのキリキリ音が嫌なのか?
凄く激しいバイトを2回頂いたがフッキングに至らず7時には終了。
これで今回は終了かなと思ったが、今から帰っても渋滞が酷いだろうということで夕方もやることに。

13_20150816170323441.jpg
僕とY氏のタックル
ロッド がまかつラグゼ553
リール シマノ 14カルカッタコンクエスト100
KJ氏のタックル
ロッド ツララ モレーナ53 グリップ改
リール シマノ14カルカッタコンクエスト100HG

今回3人揃ってリールが被り(笑)一台はハイギアだけど見た目は・・・。
Y氏とはロッドも被ってしまった恥ずかしい一枚(笑)

夕方は場所を変えて本命ポイントの沖パッチを目指した。
内側はトロロ藻が酷いが、開始早々ヒットするが痛恨のばらし・・・(ルアーはヌルディー)
そこから沖へ目指しながらパッチを攻めていく。
途中ルアーが消しこむバイトが2回程あったが、トロロ藻は減っていき水も綺麗になっていくほど反応がない。

そして、またY氏からラインが入る。
29.jpg
B&J ピーカブアメージングで40アップ。

かなり暗くなったので、引き返しながらやっていくとヌルディーで激しいバイトがあり、その数投後に手前で20cm位のをキャッチ。

その直後、KJ氏が「出た!!でかい!!」と叫び声が聞こえ、少しして「やったー!!」と無事キャッチした模様。

23.jpg
ヌルディーSPで54cmをキャッチ。
最後にドラマがあった!やったね~!!

下の写真は今回KJ氏が獲った写真に収めたバス達。

25.jpg


24.jpg

片付けを終え現地でY氏と別れ温泉に入って疲れを取り、軽い食事をとってPM10時過ぎに帰路へ向かい、途中渋滞があったが無事にAM4時頃帰宅した。

毎回、諏訪湖あたりまで戻ってくると、また行きたい病が発症してしまう(笑)

次回は何時行けるかな?












スポンサーサイト

テーマ:トップウォーター(バス釣り) - ジャンル:趣味・実用

  1. 2015/08/17(月) 23:03:26|
  2. Bass Fishing 
  3. | コメント:0