Cigarettes and Coffee

Bass & Trout Fishing

2015年 集い。



cc7.jpg

今年も年に一度の集いの日がやってきた。
集合当時は台風の影響で強い雨が長く降り続き、予定より遅い時間からスタートした。

止まぬ雨の中、支度をして入水。
開始早々に仲間の一人が40半ばのをキャッチ。

その後も次々にキャッチしている。
そうこうしているうちに時間だけが過ぎていきタイムアップ。

相変わらずこのイベントのでの「ボ」は持続中(笑)

cc12.jpg

僕らチーム6人中3人がバスのキャッチに成功した。

[2015年 集い。]の続きを読む
スポンサーサイト

テーマ:トップウォーター(バス釣り) - ジャンル:趣味・実用

  1. 2015/07/22(水) 17:47:31|
  2. Bass Fishing 
  3. | コメント:0

ライン選定。

数年前から通い出している琵琶湖釣行。

バス釣りに関しては琵琶湖以外は基本ナイロンラインを愛用しているが、琵琶湖に関してはPEを使用している。
理由は初めて行った時に目の前で友人の20lbラインがあっさり切られたのを見たからだ。
水面から全身を出し横からひったくるようにプラグを咥え、その数秒後にはラインブレイク。

その年と翌年はPE直結(ビニミツイストのチチワ結びのパターンと、チューブをつけたパターン)でやっていたが、チューブの方はどうも性に合わず、その次の年からはPEの先に30lbのナイロンリーダーにしている。

H_093.jpg

リーダーをつけることによりアクションの付け方がナイロンラインと同じ感覚で行えるのと、ウィードに絡まっても伸びのないPEラインのおかげで外しやすいところがメリットだったりする。

とはいえこのシステムでも昨年友人は30lbナイロンリーダーを切られている。
僕はまだ経験がないが、話を聞くとどれもプラグの頭から食ってくるバイト(僕らは横っ飛びのバイトと言っているが)の時に切られるらしい。
確かにあそこのバスは2匹もハンドランディングすると親指がボロボロになるくらい歯が鋭く、友人は出血して化膿してしまった事もあった。

H_094.jpg

そして今年もその時期を迎え1ヶ月程ラインで悩んでいるが(笑)、今年は万が一切られたとしても使い易さ重視でナイロンライン20lbをメインに組立て、予備にPE+リーダー、PE直結で遊ぼうと思っている。

ラインは近所では売っているところが見つからないイエローカラーのスーパーGT-Rをチョイス。
巻き癖が付きにくく、巻き替えも通常のナイロンの倍以上持つので最近のお気に入り。

但し、その前に決して相性がよくない琵琶バスがバイトしてくれればだけどね(笑)

テーマ:トップウォーター(バス釣り) - ジャンル:趣味・実用

  1. 2015/07/13(月) 17:18:31|
  2. Bass Fishing 
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

たまには観光旅行。

観光目的で遠くに行くことは殆どない。

今回は仕事上の付き合いで、北陸方面へ一泊二日の観光へ。
実は北陸方面はこれで3回目。
1回目は富山へエギング。
2回目は3月に九頭竜川へ桜鱒釣り。
観光では今回が初じめて。
出来れば11月以降のカニのシーズンで行きたかったけど、タダなので我慢我慢。

当日天気は最悪で途中長野を通過中は晴れ間も見えてよかったのだが、富山に入ってからは横なぶりの雨が凄くてテレビでよく見る折りたたみ傘がひっくり返るほどの強風。
そんな状況でとても写真を撮っている状況ではなく、おまけに一泊二日の強行バスツアーなのでゆっくり見物もできない感じ。

主な観光場所はといえば
金沢 兼六園、近江町市場、ひがし茶屋街
飛騨 白川郷

群馬から一泊二日のバスツアーならこれが精一杯ってところだろ。

今回はあくまでも記録写真って感じでさらっと!!

金沢兼六園
H_088.jpg

H_089.jpg

白川郷
H_084.jpg

H_085.jpg

H_95.jpg

H_079.jpg

どっちも海外からの観光客だらけ。
東京や大阪あたりでは珍しくないけど、白川郷のほぼ8割は海外の方達なのはビックリ。

たまには釣り目的ではなく、観光で遠くに行くのもいいな~っと思った休日だった。





[たまには観光旅行。]の続きを読む

テーマ:国内旅行 - ジャンル:旅行

  1. 2015/07/01(水) 19:16:50|
  2. Diary
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0