Cigarettes and Coffee

Bass & Trout Fishing

ハンドル

探していたショートダブルハンドルをゲット!

60mmのダブルハンドル、ベアリング無しでハンドルを回すとキコキコといった感じではあるが2500Cには
バランスと雰囲気では個人的にはベストマッチである。

活躍してもらわないと。






スポンサーサイト

テーマ:トップウォーター(バス釣り) - ジャンル:趣味・実用

  1. 2013/08/31(土) 09:18:35|
  2. Reel
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

さまよいながら

今回はお盆の時の話。

せっかくのお盆休みなのでどこか釣りに行こうよと、2日前犀川スペイフィッシング、昨日ゴルフと多忙のコージ君を無理矢理連れて、日帰りで帰れるプチ遠征ということで一度行ってみたかったリザーバーを目指す。

深夜1時に出発して目的地に5時30分頃到着。

丸一日釣りをする予定であったが、二人そろって肝心な長靴を忘れぬるい僕らは膝まで泥まみれになりたくないのとコージ君のHPが終わりかけていたので、思わず終了。

帰路へ向かう。

高速インターに着きふと今から帰っても昼には到着だし翌日も休みだから行っちゃう??
ってことでそこから西方面へ向かうことに。

40半ばのおっさんがやることではない。

目的地には予定通り昼過ぎに到着して、群馬で買ったお昼ご飯を食べながら夕方まで仮眠する事に。

c2.jpg

今年何度目かのフィールド。
3時半頃目が覚めてまだまだ暑いが時間がないので早速準備。
今回のタックルはこんな感じ。

普通のヌルディーと特別にビックレイク用に作ってもらったビッグヌルディー。

それと最近購入したジョインテッドリッパーこれはどういった感じで動くか楽しみのプラグ。

早速リッパーを結びキャストすると・・・・。

かなり良かったりする(笑)

波動と、ジョイント部のカチカチ音といい実に良く作られてる。
遠くにいるバスを呼ぶには持ってこいのアピール大。
販売に時間がかかったのはこんなところに拘ったのかな?

c9.jpg

約1ヶ月ぶりのフィールドは更にウィードが沢山あって完全沖釣りモードになっていた。

熱風が吹くなか、あれこれルアーチェンジしながらキャストするが反応はない。
出来るだけ水深が深いところを見つけて追い風を味方に付けリッパーを遠投するとやっとヒット。

ヒットした瞬間こっちへ走ってくるので、鬼巻きして無事キャッチ。
ランディングした途端フックが外れたので危険だった。

目が関東バスに慣れてしまったのか、これはいったか?!と思ったが計ると47cmの顔デカバス。

ジョインテッド・リッパーその後もバスを呼んでくれてなかなかいい仕事をしてくれる。
一軍ルアー決定。

c5.jpg

これでやっと活性があがり頑張る二人。
その後。コージ君がランディング手前でバラシ、僕もバイトやバラシもあったりしたが大分暗くなってからPVのWスィッシャーでもう一匹追加。

c6.jpg

その後も頑張ろうか考えたがうねりが酷くなってきたのと、帰りのことを考え納竿。

多少の渋滞に遭いながらも、深夜2時に帰宅。

移動距離約1,000km 25時間のハードな日帰り釣行だった。

とりあえず燃えていた火は少しは小さくなったが、秋に再び挑戦だ。




テーマ:トップウォーター(バス釣り) - ジャンル:趣味・実用

  1. 2013/08/26(月) 19:10:34|
  2. Bass Fishing 
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

集い。

7月中旬この日は年に一度の集いの日。

今回の集いの場は日本を代表するビックレイクで全員フローターバスフィッシング。

昨年は持病が悪化して不参加であったが、今回はヘルニアも克服して無事参加できた。


b1_20130820221539609.jpg

このエリアは初めての場所だったので、まずは経験者Y氏の後に向かった。
そして幸先良くバイト&キャッチするのはいつものY氏。

相変わらず憎い男だ。

b2_2013082022154148a.jpg

毎回のおきまり事で、釣るのはY氏とケンちゃん、その流れは今年も変わっていない。
今回も全体的に釣果が恵まれなかった。

まあ、イベントは釣果より集いのほうが重要だから、と言い訳じみたことを言ってみる(苦)

b3_20130820221543743.jpg

朝9時を過ぎた頃にはもう暑くて浮かんでいるのが辛いので撤収&休憩。

今回新たに導入した新兵器。
地元の釣り場でフローターを使うことは滅多に無いけど、オール付きがあればアルミボート程ではないが広範囲に攻めることが出来るのと、エレキの音って水中では結構響くので静かに攻めたい場合など有効なので持っていて損はない。
その快適さに慣れると足漕ぎには戻れなくなりそう。

b4_201308202215450b6.jpg

こちらも、今回導入した新兵器。
ハイギアとドラグパワーで思わず食いついてしまった。

飛距離重視で遠心タイプにしてみたが、思ってた程飛ばない??アタリがつけばまた違うのかもしれないが、とりあえずベアリング交換とグリスべったりなのを全バラ掃除して様子をみようと思っている。

ダイヤルは0で20g前後のプラグを投げてもバックラッシュしないからね。
あと一延び欲しいところ。






その後、翌朝も釣りをするので夕方の部は無しにして早めに旅館で釣り談義。

ちなみに翌朝の写真は無い、そんな出来事もなく撃沈。


そんな感じで今回も不発で終了。
更にフラストレーションが溜まり、更に火がついた。




テーマ:トップウォーター(バス釣り) - ジャンル:趣味・実用

  1. 2013/08/23(金) 12:40:03|
  2. Bass Fishing 
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

手強い。

ご無沙汰、釣りに行ってもあまりにも釣れないからブログ休止中のままだった。
このままこのブログも閉鎖しようと思ったけど、何となく再開。

釣れないなりにも色々釣りには行っていたので、そのあたりをボチボチ書いてみる。

数ヶ月前の話、今年初のビックレイク釣行。

最近好調といった情報を元に急遽出発。

現地で案内人であるY氏と合流して、湖面に浮かぶ。

昨年見たウィードベッドはまだ水面に出るかでないかといった具合で、キャストする度にウィードを連れて帰ってくるのが少々ストレス。

結果、菱藻で3バイト1バラシと残念な結果で終わり、K氏は50クラスと40クラスをヒットさせたがどちらも痛恨のバラシ。

a5_20130820221508f12.jpg

朝の凪っている時はウィードが少し水面から見えるのでまだやる気にはなるが、うねってくると何処を打っていけばいいか分からなくなりなんの反応もないと正直飽きる。

a7_20130820221537873.jpg

それでも初日は早朝と夕方はかなり頑張った。

a2_20130820221503e97.jpg

a4_20130820221507bd8.jpg

全く写真とは関係ないが、次ぐ日の朝も凪タイムは1時間もなくうねりが酷くなって早々に終了。

a6_20130820221510964.jpg

相変わらずY氏は良いバスを連れてくる。確かこの日も3匹程アベレージ以上をキャッチしていた。


この日を境に、僕とK氏は火がついてしまった。




テーマ:トップウォーター(バス釣り) - ジャンル:趣味・実用

  1. 2013/08/21(水) 20:03:36|
  2. Bass Fishing 
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0