Cigarettes and Coffee

Bass & Trout Fishing

日本蜥蜴

その昔70年後半から80年代初頭、日本のアンダーグランドでパンク~ニューウェーブといったムーブメントのなか、モモヨ率いる紅蜥蜴~リザードというバンドがあった。

その当時はまだ小学年生でYMOとモンキーズに夢中だったので、もちろんリアルタイムでは知らない。
後に中学生になってスターリンやゼルダといった東京ロッカーズ以降のパンクバンドを聴くようになり、その影響で名前を知るようになった。

ふと、漢字変換した蜥蜴の文字を見たらふと当時を思い出しただけで本題とは全然関係なかったりする。


今回は日本蜥蜴という名のプラグのお話。


成体(大人)
top_071.jpg


幼体(子供)
top_070.jpg

彼らは、会社の倉庫でよく目撃するのだが、偶然カメラがある時に目撃して撮影したトカゲ達。

成体になると尻尾の先まで、25cm近い大きさのもいる。
残念ながら写真の成体については、産卵期の頃ではないので婚姻色が出ていないのが残念。

と、前振りが長くなってしまったが・・・。

実はこの写真を撮影したのは今から2年前。
そう、初代J.skinkのリリースから8ヶ月程経った頃だった。

J.Skinの代表カラー AJSカラーの基は婚姻色の成体がベースとなっている。

実はこの成体の他に幼体をイメージしたCJSというカラーサンプルも存在していた。
黒のボディーに細いゴールドのウロコカラーを施したバージョンだったが、あまりにも手間を要するのとカラーバランスでビルダーのOKが出ないままボツになっていた。

しかし、そのカラーを知っている連中からこぞって、子供カラーが欲しいと熱望する声から二年経った今回、カラーパターンを若干変えて数本だけ関係者のみに製作したNew CJSカラーが手元に届いた。

完成までにずいぶん待ちました。

親子で並べて前から一枚。

_1531.jpg

続けて後ろから。

_154_edited-1.jpg

更にもう一枚。

_155_edited-1.jpg

今度は単独で。

_156.jpg

最初のカラーで塗ったゴールドスケールの部分を、細い黒のラインに変えあまりリアルになりすぎないように綺麗にまとめ、これも「アリ」だと思う。





スポンサーサイト

テーマ:トップウォーター(バス釣り) - ジャンル:趣味・実用

  1. 2012/08/16(木) 20:46:29|
  2. P.Vacatin
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

灼熱のフィールドテスト。

top_078.jpg

今回はPVの試作ポッパーのフィールドテストを兼ねての釣行。

天気予報では一日を通して厚い雲が広がり、とても蒸し蒸しした一日になるといった釣り日和の予報ではあったが、うっすらと辺りが明るくなり始めた時に空を見上げるとなんと青い空が見えるではないか・・・。
期待と裏腹で、時間が経つ事に雲がなくなっていき、ジリジリと肌に突き刺さるような快晴となってしまった。


top_079.jpg

開始早々陽が昇る前にはボート際までチェイスしてきたりと活性もまあまあだったが、時間が経つに連れ酷い濁りが入ってきたり、カンカン照りのなか体力消耗が激しくし集中力維持するのが大変なので途中からは人間が日陰に入れるような場所を探しての釣り。
日焼け止めを塗っても結果、赤く焼けてしまう日差しは、前回の時よりもかなり強烈だった。


それでもなんとか昼頃まで頑張ってみて半日で3人で2バラシ、2バイトあったのはこの時期の関東激戦区ではまあまあだと思う。

2バラシがそれなりのサイズだったのがとても残念だった。


さて、今回のPVのテストだが前回から見直したポッパーを主体として行ったが、かなりの完成度が上がった物に仕上がっていた。

キャスティングのコントロール精度が非常に良くできていて一瞬キャストが上手くなったかな?って思うくらい狙った場所に飛んでくれるのは前作同様素晴らしい。
キャスティングが気持ちいいルアーだ。

アクションについても、気になっていた問題点を上手く解消し、更にプラスアルファな要素も付いてアクションに機敏に反応するあたりは大変良くできていると思う。

詳細についてはまだ伏せておくが、もう少しテストを重ねて煮詰まった段階でお知らせ出来ると思う。

実はその他に2種類の試作ルアーのテストも行ったが、そちらの話はまた後日までとっておこう。




テーマ:トップウォーター(バス釣り) - ジャンル:趣味・実用

  1. 2012/08/07(火) 18:45:37|
  2. P.Vacatin
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

グランデ。

スポーツザウルス末期にリリースされたバスプラグでグラインドリッパーというのがある。

top_072.jpg


その当時2003年頃はトップウォータールアーに落ち着いていた頃で当時流行っていた道具やルアーにあまり関心もなく生活が変わった頃だったので釣行回数も極端に少なかった時期だった。
もちろんザウルスに関しても興味がなくなっていた頃なので、このルアーの存在なんて全く知らなかった。

今年の春にザウルストレインから再びリリースがあると友人が教えてくれて、そのプラグの特徴など聞いてるうちに急に興味が沸きだし、何店舗か探してみたが今回少量生産だったため何処も入荷がなく手に入れることが出来なかった。

それからしばらくして、友人のショップから何とか1個だけ手に入るということで迷わずバイト!
時間はかかったけど手に入れることができた。

実物を見るとそのボリュームのあるデザインに圧倒された。

top_076.jpg

早速教えていただいたとおり、テイルに大きなフラップを取付て準備万端。

今年はフラップの付いたプラグに非常興味が沸いている。

よくよく考えてみたらこのプラグがきっかけだったんだと思い出した。




テーマ:トップウォーター(バス釣り) - ジャンル:趣味・実用

  1. 2012/08/03(金) 17:50:50|
  2. Bass Fishing 
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1