Cigarettes and Coffee

Bass & Trout Fishing

完了

いよいよ今シーズンこの川での最後の釣行。

前日の雨の影響で水位も高く、それなりに濁りもあったが、上手く説明は出来ないが水質は確実に冬の水色をして2週間前とは変わっていた。

前回調子が良かった場所を丹念に攻めるが一向にバイトがない。

大増水のため痛んでしまった鴨撃ち小屋もどれも綺麗に完成し、時折水面を大きく跳ねるこの時期特有の魚のライズもあったりと水辺の景色も変わってきた。

11_20111114221215.jpg

早朝6時前からスタートして何時もより手前の折り返し地点に到着して、いい加減ダレてきた時、松田氏に初バイト。

ルアーはもちろん「ヌルディーSP」

そのあと、今期最後なのでみっちり一日釣りをして3台のバッテリーを使いきって納竿。


10_20111114221236.jpg


最後に試したい事ができたのと、いろいろな意味の結果に納得したので良しとしよう。

次回は止水域かな?





スポンサーサイト

テーマ:トップウォーター(バス釣り) - ジャンル:趣味・実用

  1. 2011/11/14(月) 22:52:28|
  2. Bass Fishing 
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

世界で最も安全なライフジャケット。


MUSUTANG SURVIVAL MD3183

今のところ世界一安全なライフジャケットと称してもいい「ムスタングサバイバル社」のライフジャケット。

バスフィッシング界においては赤いボディーにMUSTANGと大きくネームされているB.A.S.Sのオフィシャルライフジャケットが一番わかりやすい。

生産国カナダの軍隊、アメリカの軍隊やコーストガード(沿岸警備隊)、日本の海上保安庁など幅広く採用されている事から、いかに信頼性が高いのかが伺われ世界で最も安全なライフジャケットと称する由縁だと思う。

従来のセンサー部分の紙が水に濡れて作動する自動膨張式センサーとは異なりMD3183は水圧感知式で水深約30cmの水圧で作動するという新しい方式を採用するなど大変優れているのが特徴。
ボンベに関しても5年間メンテナンスフリーでOKだし、何といっても15.7kgの高浮力性能は魅力。

価格もそれなりの価格なため一瞬躊躇うが、それでも命の保証が高くなるのでは決して高くはない。

ライフベストの他にジャケットタイプやスーツタイプのライフジャケットがある。
スーツタイプは完全防水で保温力もあり、通常着用で全然寒くないらしい。
また、極寒の水面に落てもその浮力と保温性を維持することで生存を可能にするという凄いスーツだとか。

海はもとより、通年ボートでリザーバーや琵琶湖など大きな湖で釣りをする人にもお勧め。

ムスタングなのにタツノオトシゴのマークは何故??と最初は思ったが、かつてのブローニングのサイラフレックスのマークとどことなく重なり愛着心が妙に沸くライフベストだったりする。



テーマ:フィッシング - ジャンル:趣味・実用

  1. 2011/11/08(火) 19:49:01|
  2. Bass Fishing 
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

かろうじて。

今期の釣行も残り僅か、いつ終了になるかわからない最終日に向かってラストスパート。

今回も松田氏と早朝からスタート。
開始早々バイトやツッツキなどあって反応は悪くはないが、なかなかフッキングには至らない。

昼過ぎまでやって仲良く一人一匹ずつキャッチすることは出来たが、欲いえばもう少し釣れたら良かったかな?
今日は昼ごろからは半袖も大丈夫なぐらい暖かかったが、朝から昼ごろまでは先週と違って結構寒かかった。
そろそろ、着るものも考えなくては。




IMGP1414.jpg
松田氏は今日も一日中ヌルディーしか使っていない、バイトの数もかなりあった。
聞くと今シーズンはほぼヌルディーSPしか使っていないらしい、割合で言うと95%だとか。
もちろんキャッチしたバスも全てヌルディーだったりする。


再販が待ち遠しい。


テーマ:トップウォーター(バス釣り) - ジャンル:趣味・実用

  1. 2011/11/03(木) 22:34:10|
  2. Bass Fishing 
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

久しぶりなコンビ。

時間の調整がついたので久しぶりにPVの松田氏と釣行。

今回は陽が登り切る前が時合いだった模様。

釣り始めて直ぐにバイトがあり、その後直ぐに松田氏のヌルディーにヒット。

その後、太陽が登り切った頃には反応は無くなった。

最初の時にもう少し丁寧に攻めればと、後になり後悔。


正にこの時間帯が一番の時合いだった。

R0011147.jpg


R0011149.jpg
サイズの割には体高があるトルクフルなバスだった。

R0011152.jpg
私もあれやこれやルアーチェンジするも全く反応なし。

R0011158.jpg
たまにはオールドルアーも使ってみたりする。
クリークチャブの「プランカー」かなり優等生なポッパー。



テーマ:トップウォーター(バス釣り) - ジャンル:趣味・実用

  1. 2011/11/01(火) 22:52:10|
  2. Bass Fishing 
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0