Cigarettes and Coffee

Bass & Trout Fishing

New Rod

しばらく更新が滞ってしまいました。
更新が無いということは=釣りから遠ざかっている生活を送っていると言う事。

どうやらスタートはゴールデンウィーク以降のスタートとなりそう。
まずは本流ヤマメから。

話は変わって、数年前に色やスレッドパターンやら全てお任せで注文していたカスタムCTB-S48Lがある。
全てお任せという注文も作る側からすればかなり辛いと思う。

もう注文していたのも忘れていた最近、結構良い色で塗った48Lのサンプルがあると聞き、それに便乗したのが事の始まりで、それに合う仕様で注文したS48Lが仕上がった。

ブラウンスケルトンのスレッドがかなり渋めで、落ち着いた雰囲気に仕上がり、私的にはかなり壺にはまった一本。

前はオールドロッドをイミテートした物ばかりを作ってもらっていたが、最近はもっぱらオンリーワン仕様のロッドを好むようになっていて、毎回完成品を見るのが楽しみになっている。

新しいロッドが完成したので、釣りに行きたい衝動に駆られる今日この頃。


DSC_0033_1850.jpg



DSC_0043_1856.jpg

DSC_0046_1858.jpg

DSC_0034_1851.jpg


スポンサーサイト

テーマ:トップウォーター(バス釣り) - ジャンル:趣味・実用

  1. 2010/04/23(金) 20:25:45|
  2. Bass Fishing 
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

頂き物?

友人宅から帰るとき、「これ持っていって」と渡された2台のリール。

頂いていいの?と思ったら、なんて事はないリールのメンテナンスの依頼だった・・・。
面倒だなーと思いながらも嫌いではないのでメンテナンスを引き受けることに。

IMGP0916_1695.jpg

預かってきたのは、アンバサダー2500CIと5500CA 元々この金色の2500CIは私の持ち物で以前、物々交換をしたリール。

5500CAは10数年前、千葉方面からの釣りの帰りに立ち寄ったショップで売っていて、本当は自分が子供の頃憧れていて欲しかったのだが、金欠のため友人に勧めて買わせた代物(笑)

いずれにせよ思い出のあるリール達。

早速持ち帰って、よく見ると両方とも一度も掃除をした事がなく、しかも保存状態が悪いから外観も相当汚れていた。
「もう少し大事にしてよ」と心の中でつぶやく。

まずは分解して、外装を洗浄、内部パーツもこれでもか!ってくらい汚れていたので入念に洗浄。

汚れ具合を写真に収めようと思ったけど、すっかり忘れてしまい気がついたときは組立作業状態。


IMGP0920_1699.jpg

2500Cには新しく強化ドラグワッシャーを入れ替えてみた。
しかし、ドラグの効きが良くなったのかな?なんて思ったけどあまり変わらない気もするので後で確認をしてもらおう。

このリール、AVAILのスプールに、B-TRAPのスーパーギア、レベルラインとチューニングパーツが施されていて、更にIOS-01オイルを使ったメンテナンスにしたので、バス用というよりトラウト向きの感じがする。

すこぶる回るので、実釣での使用が色んな意味で楽しみ(笑)

IMGP0925_1704.jpg


5500CAは約30年間ノーメンテナンス、カバーを開けたら真っ黒だった。
確かに酷い汚れでハンドルを回すとゴリゴリしていたけど、外装も洗浄して艶が出るまで磨き、内部パーツもクリーナーで汚れを落とし、こちらは02オイルで仕上げた。
クラッチの入りも、ギアのごろつきも無くなりハンドルを回してもとってもスムーズ。

このリールは所有したいリールの一つなので、返すのがもったいなくなってしまった。渡すのに躊躇してしまいそう(笑)

現に彼から預かって返していないリールが2台ほど自分のコレクションボックスで人質として眠っている。


IMGP0926_1705.jpg

2500Cは返すけど、これは預かってていいかな?







テーマ:トップウォーター(バス釣り) - ジャンル:趣味・実用

  1. 2010/04/01(木) 19:06:25|
  2. Reel
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0