Cigarettes and Coffee

Bass & Trout Fishing

興味はあるけどね。

前々から聞いてはいたが、友人Kがこれを買ってきた。

DSC_0007_1664.jpg

実物を見ると、欲しくなる。

彼以外にも、周りで結構やっていて誘われること多数・・・・。

しかし、体を使って健康には良いかも知れないが、懐が風邪をひいてしまう要素が盛りだくさんなこと間違いなし。

しばらく、遠くから眺めていよう。


釣りの方はというと、当初の計画では3月からスタートの予定だったが、どうも仕事関係やプライベートの都合で4月いっぱいまでは身動きが取れない・・・。

本当に暖かくなってからのスタートとなりそう。




スポンサーサイト
  1. 2010/03/31(水) 19:00:26|
  2. Diary
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

BE BOP

週末、最近出来た新しい友人monjiさん(友人なんて気安く言ってしまって良いのだろうか・・・?)に招待されて
いつもの3人組で渋谷まで矢野沙織さんのJazz Liveへ行くことに。



途中渋滞に巻き込まれたものの、なんとか開場ギリギリに到着する事ができた。
急いで向かうと既に会場前でmonjiさん一行が待っていてくれた。

ふと、下を向くとmonjiさんが履いていたブーツに目が釘付けになった、その瞬間、ワイルド・アット・ハートのワンシーンで、セイラーがよく言っていたセリフが頭の中を巡リ続けた。

「魂の自由を尊重する・・・」格好良すぎる!!

などとふと思いながらの初めてのJazz Live、イメージ的には大人な人達が観に来るのだと(私も年齢的には十分大人?中年?ではあるが・・・)思っていたら、年齢層の幅が広いことにびっくり、そして整理券が配られる程の大勢の人達。

田舎のライブハウスとは桁違いだ。

久しぶりに一流といわれるプロの演奏を聴くと、やはりアマチュアとは一線を画する何ともいえない安心感で曲が進んでいく。
更に今回はBE BOPスタイルのJAZZだから、ブルースやオールディーズが好きな自分にも馴染みやすく素直に音が耳に入ってきて、サックス、ドラム、ギター、オルガン全てにおいてその世界のスペシャリスト達の演奏は、「凄い」としかいえず、圧倒するばかりであった。


DSC_0003_1660.jpg

久しぶりに良質の音楽を聴かせて頂き、また帰りにイタリアンレストランで食べたニョッキがあまりにの美味さにしびれ、

まさに感謝感謝な夜であった。




テーマ:LIVE、イベント - ジャンル:音楽

  1. 2010/03/30(火) 19:32:12|
  2. Music
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1

ノット

いよいよ地元の本流も解禁。

そろそろ、重い腰を持ち上げて本流ヤマメの釣りも準備開始。
スピニングタックルを使っていた時は飛距離と糸ヨレの問題を解消するべくPEラインを使ってきたが、ベイトタックルに変更してからはもっぱらナイロンラインを使ってきた。

PEラインはリーダーとのラインシステムが必要のため、根がかりをした際にPEとナイロンを直結したところから切れてしまうと現場でラインシステムを作るのが面倒だったので封印してきた。
しかし、ラインを細くできるため水切れの良さや感度、飛距離などこの釣りにはPEラインの魅力な要素が多いので試しにPEライン(ファイヤーライン)を購入した。

先日釣り仲間K宅へ遊びに行ったときに、今はもっと簡単なラインシステムがある事を教わり、その作り方を教わった。
海の青物を釣るわけではないので、FGノットではなく、SFノットで十分との事でSFノットを教わる。
しかし、PEラインの種類によって相性があるらしいので買ったPEラインで色々なノットを試したほうが良いとのこと。



早速、家に帰りSFノットを練習するも素手で引っ張る程度なら抜けないが、革手袋をして強く引っ張てみるとどうして結び目が抜けてしまう。ノットをFGノットに替えてやってみても(ヘタなのもあると思うが)どうもうまくいかない。

ふとファイヤーラインの冊子を見てみると、ファイヤーノットなる結び方の説明があり、それをやってみると抜けない!
PE8ポンドにナイロン20ポンドで結んだため、更に強く引っ張ると今度はPEラインが切れた。
このライン専用のノットらしく、結び方も簡単。


実際リーダーは12~14ポンドを使う予定なので、この結びだったらPE-ナイロンの結び目で切れることはなさそうなので、まずはファイヤーノットでやってみようと思う。

DSC_0049_1574.jpg

持っているアンバサダーの中で一番掃除をするのが嫌なモラムもようやく分解清掃をした。
今年はIOS 01オイルで組んでみたら・・・異様に回転が良すぎてしまった。(苦笑)
第一投目はかなり慎重に投げないと大変かも知れない。

DSC_0048_1573.jpg

準備はOK、さてデビューは何時にしようかな?





テーマ:フィッシング - ジャンル:趣味・実用

  1. 2010/03/05(金) 19:34:36|
  2. Trout Fishing
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0