Cigarettes and Coffee

Bass & Trout Fishing

やはりタイミング。

10月も後半になると朝晩はかなり冷え込んできた、今年もあと1~2回の釣行となる。

前回の台風の影響も大分落ち着いてきたので、いつもの河川へいつものマツダ氏と。
水位は幾らか多いが、濁りもなくなりベストといった状態。

現地に着いて準備を始めようと思ったら既に先行者がこれから出発といった状態。
ボートセッティングを済ませ、先行者が下流へ行ったので、僕らは上流へ。

上流は途中流れが速いところがあってエレキ1台で登るのは非常に厳しいところがある。しかしここの釣りは10数年エレキ2台体制なので全開で一気に上流へ。


【余談だが、私達が釣りをしている北関東の川は流れが速く、下流へ下るときはハンドコンでも両者が釣りにはなるが、上流へ登るときはハンドコンの操船者は舵取りに忙しくなるので全く釣りにならない。
また場所によってはエレキ1台では登れない場所もあるので、前後にエレキをセットするのは必須アイテムとなっているので、今では快適に釣りをするのにはフットコン無しでは考えられない。】


最初に入ったポイントは、いつも流れが穏やかな水路だが、この日は流れが速い。

「流の速い日は釣れないんだよねー」って言いながら攻めるもやはりバイトは無し・・・。
それでもしつこくUターンして戻りながら攻めていると、この場所で実績のあるGRAカラーのチャガスプークにヒット。
引きがまあまあ強くサイズを期待しながら格闘の末、姿を現したのは・・・・30cmチョイのアベレージサイズ。

とても元気がいいバスで、十分楽しめたので良しとする。

水路に見切りをつけ本流へ、久しぶりの上流は増水による砂の堆積でかなり浅くなっていて、かなり地形が変わっていた。

ようやく深場になり釣り始めるとマツダ氏にバイトが!!

しかし・・・のらない・・・。

また直ぐにバイトはあるが・・・のらない。

そんな事が続く中、今度は自分にバイトがあり運良くフッキング。
20cmクラスのスモールサイズ。

その後も飽きない程度にバイトはあるが、どれも小バスのチェイスのみ。

今年は40アップは遠征のみで地元では未だ無し、なんとか1本釣りたいところだが今回は予備バッテリーを用意していなかったのでバッテリーが終わったと同時に納竿。



後日談だが、どうも大増水した時は魚が大分下流に流されるらしく、減水と同時にベイトから登ってきて、次に小バス、その数日後に大きいサイズのバスが登ってくるらしい。
どうもタイミングが悪いらしく私たちが入る日はまだ小バスの時でその数日後は小バスのチェイスはなくなり、まあまあのサイズが釣れているというのだ。

そんな状態が2回も続くと納得するしかない。

腕やテクニックを磨く事も必要だが、なによりタイミングや運は釣りには必要不可欠であると実感させられる。
だから釣りは面白い。






スポンサーサイト

テーマ:トップウォーター(バス釣り) - ジャンル:趣味・実用

  1. 2009/10/26(月) 20:15:03|
  2. Bass Fishing 
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

アルティメット スポーツ

最近、巷でバイクが熱い。

理髪店を経営している友人(M)もその一人で、アルティメット・スポーツと呼ばれている、スズキGSX1300Rハヤブサを所有している。
バイクのことは良く分からないが、時速300km/h越えのモンスターバイクらしい。

散髪ついでに格好良かったので、思わず激写。

busa3.jpg

busa2.jpg

busa1.jpg

busa4.jpg


  1. 2009/10/17(土) 19:07:14|
  2. Diary
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

ラインと結び

ラインとルアーの接続方法によってルアーのアクションって変わったりする。
今まではもっぱらナイロンラインにスナップなどを使わず直結び、しかし最近は新たな試みとしてPEライン+スナップに変えてみた。

トラウトや過去やっていた水面下でのバス釣りにはPEラインを使う事もあった。
ラインが細くなるため飛距離を延ばす事ができ、更にラインの伸びがないため感度がいい事。
主にそれらの理由で使った時期もあったが、ロッドにラインが絡んだり、根掛りを外すときのリールやロッドのダメージ等の理由から何となく敬遠してきた。


しかし、ナイロンラインも難点があり、一日の釣りの中盤を差し掛かった辺りから表面のコーティングが剥がれてしまい、水を含んだラインはハリがなくなり、ルアーを結ぶ度にラインに変な癖が付いてしまう。
それがルアーをアクションさせるとフックやフロントペラに絡んだりしてしまう事が、最近気になって仕方がない。
途中でボナンザなどのコーティング剤を塗ればよい話だが、今回は思い切って新たなチャレンジをしてみた。

PEラインを使って気になった点を挙げると・・・。

良い点
・巻癖がない。
・ラインが細くなるため水切れが良い。
・葦などの根掛かりはラインが伸びないため回収が楽。(リールやロッドの負担は大きいかも?)

悪い点
・ラインの切断に専用のカッター(ハサミ)が必要。
・ラインが伸びないためアクションを付けるのに慣れが必要。
・ブッシュなどにルアーを引っかけた際、ナイロンでは外れた場所はPEでは外れない(ラインの延びがないためムチのようにラインを弾かせることが出来ない。)、また、ラインが枝などに絡みやすい。
・ラインにハリがないためフロントペラにラインが絡みやすい。(絡み止めの対策が必要。)
・摩擦に弱い


と今現在感じた点は以上だが、結果はというとPEもナイロンも一長一短。
慣れてしまえばどちらも変わらないといった感じ。

スナップも使うとルアーチェンジが楽にできたり、動かしずらいルアーも動かすことが出来たりして便利。しかしスナップを使う事によって好みのアクションが出し辛くなる事もある。

最近好きなアクションだが、斜め浮きのリヤプロップのルアー(ピー・カ・ブーやヌルディー)を使う際、好みのアクションが出し辛くなる。

以前友人から教わった「ピーカブメソッド」なるアクション。

一度ダイブさせた後ピョコン、ピョコンと頭を水面にノックするアクション。

これが意外に効果的で、特に昼間のドピーカンの時や、疲れてアクションするのが面倒くさくなったときなどが有効なアクション(笑)

最近、外せないアクションなので、スナップを使ってしまうと逆に難しいアクションになってしまうのが難点。

line.jpg

とりあえずは両刀使いでやってみます。




テーマ:トップウォーター(バス釣り) - ジャンル:趣味・実用

  1. 2009/10/15(木) 20:44:00|
  2. Bass Fishing 
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ダイレクト化

DSC_0117_321.jpg

以前、2500C用のダイレクトコンバージョンキットを購入して装着はしたものの、リールの精度からか、自分の所有している2500Cとは相性が悪く、ハンドルが重くなってしまい使用感が悪かったため元に戻してしまった。

ワッシャーの厚みが原因らしく、研磨して薄くすれば良いらしいが、面倒くさいと思いながら、いつしかコンバージョンキット自体の存在も忘れてしまい、いつのまにかそのままにしていた。

先日、薄いワッシャーを発見した時に、ふとコンバージョンキットの事を思い出し、メンテナンスついでに装着すると見事ジャストフィット。

5000Dとまではいかないが、それに近い使用感にはなった。

2500.jpg

もともと好んで5500DAばかり使っていたため、ダイレクト化には興味があり、外見もドラグが無くなりハンドル周りがすっきりして今一番のお気に入りリール。

純正のABUも、もちろん好きだが、色々カスタム出来るところもABUの魅力。




テーマ:トップウォーター(バス釣り) - ジャンル:趣味・実用

  1. 2009/10/05(月) 22:52:42|
  2. Reel
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0