Cigarettes and Coffee

Bass & Trout Fishing

本流釣行

画像-003

いよいよ、仲間内から尺オーバーのヤマメを釣った情報が入ってきた。しかし先週から冬に逆戻りしたかのような寒さそれに上州名物のからっ風が数日続いてコンディションは最悪だが、どうしても川に立ちたくて強風覚悟でいつもの川へ。

上流から吹き付ける強風のなかでの、ベイトキャスティングによるアップストリーム、アップクロスキャストは始めて。向かい風に弱いベイトリールで何処まで対応できるかも知りたく早速モラムをセット。

ミスキャストも手伝って4キャスト目で10数年ぶりに修復不可能のバックラッシュ・・・。

その後、予備で用意している1500Cに取替え再びスタート。

風に押されて飛距離は通常の2/3程度しか飛ばす事は出来ないが10g~のスプーンでは半日釣行でノーバックラッシュ。
強風のときはスピニングをと思っていたが、必要なさそうだ。

兎に角1500C+Availスプールは凄すぎる。

しかし、強風の中頑張ってみたが、結局今回もノーフィッシュで終わってしまった。


DSC_0179.jpg


まだ今年2回目なのに数本ルアーをロストしてしまい、この日の夕方補充をしに行き、次回の準備へ。

これから、これから・・・。



スポンサーサイト

テーマ:フィッシング - ジャンル:趣味・実用

  1. 2009/03/30(月) 11:59:03|
  2. Trout Fishing
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

久しぶりにLive。

ここ数年新譜も年に数枚しか買ってなく、FMやAFNでたまに好きな曲が流れているのを聴いている程度で、年齢を重ねると共に音楽もBGM程度でしか聴かなくなりました。

しかし、最近はドライブ中はラジオではなくCDを聴くようになったりと少し音楽欲が沸いてきたので、たまたま友人に誘われ久しぶりにLiveに行ってきました。

今回はRockin'BROADWAYとうオールディーズ系のイベントで50's~60's系のRock、ソウル、Jazz、モータウンなど、曲やファッションもいかにもといった感じ。
誘った友人も昔からオールディーズスタイルが好きで、私もこのイベントに参加したのは2年ぶり。

しかも、このイベントに常に出演しているバンドの一つはなんとあの御方が参加している
DADDY-O & THE HELL CATS

彼のプレイを見るのも2年ぶり。彼らのバンドは20's~40'sの古き良き時代のブルースが主体で
元々ブルース好きな私もついつい口ずさんでしまいます。

最近工房でよく、Jazzなギタープレイを弾いていたのもこのライブを見ればなるほどで、ブルースバンドとしてかなり楽しめました。

やはりライブはいいですね。


alive1.jpg



alive2.jpg




テーマ:LIVE、イベント - ジャンル:音楽

  1. 2009/03/25(水) 19:01:12|
  2. Diary
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

工房探訪

先日、時間があったので久しぶりにP.Vacationのマツダ氏の工房へ遊びに行ったら、氏の昔からの友人ryouさんが来ていて早速釣り談義。

ryouさんは利根川での釣りの事情通でとても頼りになる人物。

私の中で彼に会うとそろそろ利根川の釣りが始まったんだと実感します。
最近は釣り人が増えたせいか(私もその中の一人ですが・・・)年々渋くなってきているとか。
ryouさんは既にデビューしているらしく、今年の情報も色々持っていてそれを聞くと、テンションがあがります。


色見本で塗ってあったスポットカラーを激写。
09shaky-hound.jpg

塗装待ちのブランクが沢山あって工房は凄いことになっていました。

楽しみです。


テーマ:フィッシング - ジャンル:趣味・実用

  1. 2009/03/24(火) 19:30:00|
  2. Diary
  3. | コメント:2

2009 Start

日曜日、暖かかったので午前中だけ今年の初釣りに。

水量は若干少ないが、水温は8℃近くあってコンディション的にはまずまずといったところではあるが、虫も少なくライズを見ることはありませんでした。

結局アタリもなく、午後は用事があったため納竿。少し時期が早い感じはありますが、あと数週間もすれば本番です。

モラムSX3600C-HSですが、スプーンの使用ではとても扱いやすいセッティングになっていて、ロングキャストにおいては素晴らしいです。さすがAvailひと延びが違います。しかし、慣れていないのもあるがノーバックラッシュとまではいかず気を抜くとバックラッシュに見舞われしまい、その時のルアーロスト(殆どスプーンである)が痛い。
ミノーに関しても常にサミングが必要ですが、それでも思っていたよりは飛距離が出しやすくハイスピードギアのため巻き取りが忙しくないため、今シーズンはこれを使い込んでみたいと思います。





テーマ:フィッシング - ジャンル:趣味・実用

  1. 2009/03/23(月) 18:34:03|
  2. Trout Fishing
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

09'始動

休日利根川沿いを走っていたら、増水の中数人の釣り人を目にした。
「よくやるよなぁー」と思いながらも、そんな光景を見てしまうと気持ちがそわそわして、やたら川が気になりだしてきた。毎日川が気になって来るのも時間の問題。

やはり私も釣り人なんだなぁーと思い、いつでも行けるようにと既にメンテナンスが完了しているリールに早速新しいラインを巻いた。

t11.jpg

昨年ほとんど出番がなくシーズン終了になってしまったSX3600C-HSが今年のメインリール。
Availの軽量スプールに換装して、ブレーキは一つは純正のブレーキもう一つはシマノのブレーキにセットして6g~14gまでのルアーをストレス無く投げられるようにセッティング完了。
但し、メカニカルブレーキはその都度気にしなければいけないが、ロングキャストが決まったときは最高に気持ちがいい。

以前、目の前で6lbラインを簡単に切られたり、1Xのティペットをもブレイクさせるのもいるためラインはナイロン8lbにショックリーダーとしてナイロン14lbを3m程セットして完了。

t5.jpg



予備用として、今まで使っていた1500Cにも同じラインシステム。
この1500CはAvailスプールはもちろんベアリングもSicタイプに変更していて、トラウト用で使っているベイトリールの中では最高に扱いやすい1台、飛距離も2500C同等以上のキャスタビリティーを持っていて、昨年はバックラッシュ知らず、サミングも忘れてしまうぐらいのベストコンディションになっています。
今回ラインはCASKETのトラウトプラッギンのクリアカラーを使用。何処と無くカラーが「アブロン」を彷彿させるので迷わず1500Cにセット。
t6.jpg

当面出番がない2500Cは気分でベンチ入り
まずはルアーから始動。



テーマ:フィッシング - ジャンル:趣味・実用

  1. 2009/03/09(月) 22:42:44|
  2. Trout Fishing
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

春は近い?

たまたま、仕事先が近所の唯一バス釣りが許されている貯水池の側だったので軽く偵察がてら覗いてきました。

3月といえまだまだ寒い日が続く中、いつもへら鮒釣りでにぎあっているこの沼も、散歩をしている人達と中学生位の子供とお母さんがルアー釣りをしている位。

水面は水鳥が占領していてまだまだ春は来ていません。

川も先週から解禁となって、今期の本流デビューと思いましたが先日の雨で水量、濁りが酷く気持ちも萎えてしまったので、やはり初釣りは例年どおりとなりそうです。

まずはラインの巻き替えからはじめよう。



画像-1

画像-2

テーマ:フィッシング - ジャンル:趣味・実用

  1. 2009/03/07(土) 19:35:06|
  2. Diary
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0