Cigarettes and Coffee

Bass & Trout Fishing

トラウトボーフィッシング6回

前回ブログから早3週間。
結局その間釣りに行くことができず、ただ悶々とした日々を過ごし、唯々ルアーが増えていくばかり。




まずはスプーン。
特にスライド系はかなり充実した。




2_20170424182602b64.jpg

そして、これから始まる利根や犀川用に試してみたいブランドのを購入したりして。




3_20170424182604bd8.jpg

そして湖用ミノーにラパラを増量。




4_20170424182605469.jpg

3月に好調だったプラのラパラも少し追加。



5_20170424182607071.jpg

そして、最近ご無沙汰なバスルアーも久しぶりに追加。

そしてやっと釣りに行ける休みになったが川は数日前の雨による増水&濁り。
そしてホームの川は放流と釣り大会で入れそうにないので、前回のリベンジでボートトラウトへ

6_20170424182608863.jpg

今回は相方が前日シーバスに行ってお疲れだったので朝2番目からスタートした。
週前半までの暖かさは無く、終始北寄りの風が強く吹くなかで思ったより寒かった。
最後までフリースとウィンドストッパーが離せず、あちらこちらさまよいながらの釣り。




7_201704241826100cc.jpg




スプーニングやミノーを屈してもなかなかアタリが無く時間が過ぎて行き水深が浅いところを10gのライトニングウォブラーでスプーニングを開始。
着底して5巻きフリーの後根掛かりに似た感触。
少し前に相方が根がかってゴミを釣っていたのを見てたので、今回もそう思っていて巻いていると途中から生体反応な引きとてつもなく重い引きが段々と近くになっていき魚体が水面を割って、魚と目が合った瞬間、やっと状況に気付いたらしくそこから猛烈な引きに変わり一気にラインが出され気持ちよく2500Cのドラグが鳴いた。
やっと観念したのか相方にランディングしてもらった見事なレインボー。

写真だと分かりづらいが、体高もあってかなりの重量感。
持ち帰らないのでネットの中で大体の計測曲がった状態で50後半、きちんと伸ばせはもう少しあったと思う。

念願のサイズ(できれば更に大きいサイズ)がやっと獲れたので一安心。
その数時間後相方も同サイズをヒットしてアンカーのロープに絡まれスナップを伸ばされバレてしまったが前回のリベンジは辛うじて達成できたので良しとする釣行だった。

次回のボートトラウトは連休後半。

今度は本流に行って試したい事盛り沢山なので数ヶ月ぶりに行きたいと思う。

バスも行かないとね。





スポンサーサイト

テーマ:フィッシング - ジャンル:趣味・実用

  1. 2017/04/24(月) 18:28:00|
  2. Trout Fishing
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

トラウトボートフィッシング 3,4,5回目

前回の記事から時間が空いてしまったが、その後も引き続きボートトラウトに3回程行ってはいる。

しかし、これから温かくなって活性が上がっていくはずなのに釣果はどんどんと少なくなり、4回目の釣行から釣果0に・・・。
湖水の中と自分の頭の中では大分温度差があったという事だと思う・・・多分。

3回目の釣行からは周りを見渡すと餌とフライは相変わらず好調だったようだが、ルアーでは前回のような高活性ではなく釣果はかなり厳しかった。



4回目の釣行はとても風が強く、気温も低かったのもあって餌釣りも渋いようで、ルアーではバイトすらなく完全試合だった。
そして先日の5回目バイトはあるものの、フィットまで至らず、同船者が辛うじて放流サイズを1匹キャッチしたのみで終了。
ライトタックルにすればそれなりに釣果は得られると思うが、そこは我慢して大物狙いで挑みたい。

2_2017040410151635e.jpg

現状持っている知識の引き出しを全部開けて挑んでいるが、まだまだ引き出しが少ないようだ。
それと、ロストして少なくなってしまったスプーンも買い足して色々と研究の日々が続く。

3_2017040410151792f.jpg

次回のボートトラウトはもう少し季節が進んだゴールデンウィーク辺りから再開する予定。

その間まで、本流とそろそろスタートするバス釣りの準備でもするとしよう。




テーマ:フィッシング - ジャンル:趣味・実用

  1. 2017/04/04(火) 10:47:11|
  2. Trout Fishing
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

トラウトボートフィッシング 2回目

今回は川?または湖?と前日ギリギリまで考え、減水クリアの川へ行くよりは、湖の方が楽しめるかな?的な方向でまとまりトラウトボートフィッシングへ。

今回は前回攻めた場所より浅いエリアを攻めることに。
スプーンで底を転がすと必ずと行って枯れ草が絡んでくるので、ミノー主体でやることに。
そういえばここでミノーで釣ったことがないので攻め方がイマイチ分からないなか、友人が開始早々ヒット。
取り込む手前でラダーにラインが絡んでまさかのラインブレイク。
この日のために買った高価なミノーを一瞬にしてロスト。
そこから、更に友人の悲劇が・・・。

気を取り直して、また数投で直ぐさまヒット。
かなりの大物だが、数秒でまさかのラインブレイク。
白いお腹を見せラインブレイクした後もしばらくグリングリンしていて、細長く見るからに70cmは越えている感じ。
イワナかウナギか?といった感じ。
ここで既に友人は1万円以上を奉納して、やる気を失せていたがこの日彼は神がかっていた(笑)

その後も順調にキャッチまではいかないにしても確実にヒットさせている。
4時間程経った頃、こちらはスプーニングで1バイトのみ。

今回はいつもの逆でこちらがかなり焦ってきた。
違いが何かを探す・・・。
太陽が昇り段々と温かくなってきてから、魚が貯まっているところを見つけた。

一回キャストする度に、20匹ぐらいチェイスしてきたのを発見してそこから爆発した。
スプーンとミノーのローテーションで10匹以上入れががった。
しかし、残念ながらサイズはかわいいサイズで今回はサイズ数共に友人に軍配があがった。



釣りの途中から魚がヒットした瞬間、リールから久しぶりに聴いた嫌な異音が・・・。
二匹目がヒットした瞬間に完全にラインが巻けなくなった。
ピニオンギアが逝ってしまった。

2_20170306204901e59.jpg

純正ギアかアベイルのハイスピードギアだったか忘れてしまったので、帰って来てから分解するとアベイルのハイスピードギアのピニオンだった。
もともと注意書きにもあるように純正から比べ構造上強度的に弱いのは分かっていたので、装着して6年経ったのは以外に丈夫だと思った(4台をローテーションしているのもあるっていうのもあるけど)

ただ,他のも含めてそろそろだろうからスペアを用意して現場で交換できるようにした方が良いかな??と思った。

1_20170306204859a2f.jpg

やはり一度ハイスピードの利便性を感じてしまうと、なかなかノーマルに戻すのに抵抗を感じるが今回のこの2500Cはノーマルギアに戻してスローリトリーブ専用機で楽しもうと思う。

そろそろ2500Cをまた復活して欲しい(笑)

テーマ:フィッシング - ジャンル:趣味・実用

  1. 2017/03/07(火) 15:44:55|
  2. Trout Fishing
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

解禁前漁獲調査

東古屋湖の解禁前漁獲前調査に当選したので今回初調査をしてきた。

昨日からの冷え込みのなか朝9時から調査スタート。
朝は風がなく陸にいた時は暖かかったが、いざ水面に浮くとひんやりと・・・。

それでも開始2投目でスプーンにヒット。
40cm台の綺麗なサクラマスが釣れた。
今年初フィッシュ(笑)

今回は解禁前の調査なためキャッチアンドリリース。
できるだけ水面から上げずにボート縁で速やかにリリース。



その後もすぐさま釣れて好調かと思いきや、水温低下なのか??以外に渋い。
10時を過ぎても日陰ではガイドがガチガチに凍るなど日に当たらないとかなり寒い。

6_20170226184305384.jpg

タックルはスプーン用にベイトタックル、ミノーにスピニングタックル。
人気ポイントは既に人が凄く入れそうにないので、いつもの深場狙い。
結局今回もミノーの出番は無かった。

4_20170226184307496.jpg

相方も50クラスのレインボーをキャッチしたり、飽きない程度には反応はあるが、とても爆釣とまではならなかった。

3_201702261843082b1.jpg

釣り方なのか?それともサクラマスの活性が良いのか?釣れる7割がサクラマスで残り3割がニジマスといった感じ。

1_20170226184311fff.jpg

結局2人で15匹程、周りを見ても爆釣とまではいってない感じだったのでかなり渋かった感じだった。
今回初めての解禁前調査で雰囲気が掴めたので、次回機会があれば今度はもう少し釣果を伸ばしたい。



テーマ:フィッシング - ジャンル:趣味・実用

  1. 2017/02/26(日) 19:12:02|
  2. Trout Fishing
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

連敗更新中

先週、解禁を迎え解禁当日に出撃の予定をしていたが急な仕事が入ってしまい断念。

しかし、前情報では水が少なく昨年の台風で全体的に浅くなってしまい、かなり厳しいとのこと。
まあ、他に行くところもないので解禁後の日曜日に様子がてら出発。

漁協エリアをまわるも川沿いの道路から川底がくっきり見えるほど。
それでもよさそうな場所に入るが、全く反応は皆無。

結局そのまま下りいつものエリアへ。



時間も昼頃だったので長いランを一箇所丁寧に攻めるもここでもバイト?根掛かり?的なのをもらって終了した。
そろそろ何かしらの変化が欲しい。
今年四連敗なので何かを変えないと。
まずは次回少しルアーを変えてチャレンジしよう。

2_20170222104537e43.jpg

そして、川とは別に止水域の準備を。
レギュレーションに伴い、フックの交換。

3_2017022210453840c.jpg

こっちは少しは癒やされるのかな??

癒やされればいいなぁー。


テーマ:フィッシング - ジャンル:趣味・実用

  1. 2017/02/22(水) 11:05:58|
  2. Trout Fishing
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

こっそりと更新

毎日の仕事に追われ、気付けば年も明けてしまい、このブログの事からも大分遠ざかってしまいました。

日々のことなどはInstagramで事が足りてしまうので、ブログは釣行記事でやろう。
なんて思っていたけど、昨年後半~は日々の急がしさもあって釣行回数も激減。
おまけに釣果も貧しかったりで、また疎遠に・・・・。
まあ、ぼちぼちやっていきます。

忙しい中でも今年に入って2回程釣りに行けたけど、釣果はゼロ。
早く結果を出したいところだね。



釣りには行けないけど道具は増えていって、ナイロンライン用に夢屋の替スプールを導入してみた。
PEと比較しながら平行して使ってみようと思う。

1_20170208085327254.jpg

それと、つい衝動買いでウェアラブルカメラ(アクションカメラ?)なども購入してみた。
まだ、二回ほどしか使っていないがこれはこれで楽しいので是非トップウォーターの釣りで活躍させたいと思う。

3_20170208085329d56.jpg

バスはまだ先だけどトラウトは今月後半以降から解禁に伴い本格的にスタートする。
今年もできる限り釣りには行きたい。



  1. 2017/02/08(水) 11:42:14|
  2. Trout Fishing
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

10年ぶりの導入。

梅雨が開けてからは気温も一気に暑くなってここ数日は灼熱の日々が続いている。

琵琶湖以来バス釣りから遠ざかってしまうと、この気温のなかボートで水面に浮かぶ事を想像すると恐ろしくなっている。
そんな感じで今年はまだ関東でのバス釣りには行っていない。
今思っているのは暑いのが少し落ち着いたらライトタックルも持って、じっくりと一日川に行きたいと思っている。

しかし、その反面というか昨年から再び本格的にはじめたトラウトはそれなりに行っていたりする。
ウェーディングしている時はいくらか涼しいけど、しかし上半身は藪漕ぎするのもあって長袖シャツに鎧のような重量のあるフィッシングベストを着ているため灼熱具合はあまり変わらないというのが事実だったりして(笑)

という事で今回もトラウト釣行の話。

今回から新たに新タックルの導入。

そうスピニングタックルを久しぶりに、実に10年ぶりに導入した。

あの時もスピニングロッドを折ってしまい、それを気にベイトタックルに切り替えたんだっけ。



もともとスピニングを使う機会が無く、バス釣りで補助的に持っていたが出番は極希。
10年ほど前に勧められて渓流をやり始めその後、本流トラウトに移行した頃に少しだけスピニングタックルを使っていた。
しかし、ロングロッドではうまくキャストができないため糸フケが大量に出てしまいルアーポジションの確認がいまいち掴めなかったのと、タイミングよく?ロッドが折れてたので使い慣れているベイトタックルに転向した。


今年の冬極寒朝、パーミングによる手のひらから熱を奪われる感がかなり辛いのとどうしてもスピニングでないと、という状況があったのと、ディープミノーやフローティングミノーは何となくスピニングの方がしっくりくる感があり、その辺りのミノーも使ってみたいと思ったのが今回の導入に至ったところである。

b_20160808094457307.jpg
ロッド:ヤマガブランクス ルーパスサクラ 87
リール:シマノ ステラ3000HGM

ロッドは実物を置いてあるショップが近所になく購入するまではかなり悩んだが、所有しているインスタのフォロワーさんの口コミなどを参考にして購入した。
実際手にしてみると個人的に思っていたのよりも柔らかく、しなやかによく曲がりとても使いやすいアクションだ。

実際釣行での感想はリールを装着したときのバランスがとてもよく、なにより軽い。
キャストもしやすく、軽いミノーも飛んで感度もかなりよかった。

ミノーライクなロッドだと思っていたけどスプーンも使いやすく万能ロッドだった。
もう既にこれの7.7ftが欲しくなっている(笑)

c_20160808094458409.jpg

そしてかなり濁っている中、かわいいサイズであるけど入魂完了。

もう少し川のコンディションがよい時にじっくり攻めたいと思う。

今のところはキャストに集中。
シュッ!!と音を立てて投げられるようにしないとが今の目標。

勿論ベイトタックルも今までとおり健在、ベイトでないと出来ない釣り方もやっぱりあるので。

基本ベイトタックルが好きなんでね。






テーマ:フィッシング - ジャンル:趣味・実用

  1. 2016/08/09(火) 18:51:17|
  2. Trout Fishing
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

久しぶりの本流トラウト

海の日の連休で行く予定だった本流トラウトだったが、仕事の都合で行けなくなり先日久しぶりに長野へ。
先週辺りまで増水状態だったらしいが、この日はほぼ平水から-10cm~20cmといったところ。



今回は僕がルアーで、同行者はフライの二刀流。
まだ薄暗いうちから目当てのランにはいるがしばらく沈黙が続く。
辺りが明るくなってきてランの終りが近づいたところで7cmミノーでヒット。

サイズの割にはまあまあ引いてくれたのは25cmぐらいのブラウン。
その後、直ぐにこれより少し大きいのがヒットしたが途中でフックアウト。
この白いブラウンはサイズの割にはよく引く。

しかし本命は現れてくれない。

10_201607271449415af.jpg

そして移動をして前回かなり大きいのをバラした岩盤帯へ。
しかし、そこでも何の本能もなく転々と移動するが反応無し。

11_2016072714494297e.jpg

昼食をとって少し休憩してから大きく場所を移動した。
そこで悲劇が発生!!
ランを終えて同行者の元へ、不注意でロッドを地面に落としたら・・・ティップが折れてしまった!!
購入してわずか3ヶ月の出来事。
このロッドを使うと何故か釣れるのでそういった意味でも気に入っていたのに、かなりのショック。

13_20160727144945877.jpg

夕まずめに入るランでタックルの入れ替えを行い釣り下るが、結局反応のないままタイムアップ。
同行者はフライで何発かアタリがあったのと、40cm越えのレインボーをキャッチしたとの事。
フライに分があるのはわかるが結構厳しかった。

14_20160727144946abe.jpg

帰りはいつものジンギスカンで反省会。

15_201607271449584da.jpg

毎回来る度に思うがここのジンギスカンは美味い!!
これが食べられただけでも良しとしよう~!!

ロッドはどうしようか検討中。


テーマ:フィッシング - ジャンル:趣味・実用

  1. 2016/07/27(水) 17:10:41|
  2. Trout Fishing
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

5、6月の釣り

ゴールデンウィークに行ったバス釣り以降、もっぱら本流トラウトに没頭している。

近所の本流は戻りヤマメで今年は大賑わいなので、レインボーとブラウンを狙いに隣県へ。



5月の釣り
最初に入ったところで開始数投で、さい先良くかわいいブラウンがヒット。
こういう日は活性が上がる。

1_201606131048070bc.jpg

続いて次に入った場所でもこんな感じのブラウンが連続で2匹釣れた。
手前の沈み石周りを狙うべくミノーに変え攻めると、ズン、ズンと大型のヒット。

フルロックした2500C のドラグが役に立たず、カタカタいいながらドラグが出され上流に走られた瞬間フックアウト。
思わず、叫んでしまった(苦)

2_2016061310480849f.jpg

この日は夕まずめまで試み、最後はイブニングライズを期待して、こんなルアーを装着して期待したが水面を割るようなライズは無く終了した。
このアンレーズのサブリーム地元でも色々試しているのだが、肝心なヒゲナガが居ないのとライズが無いので成果が出せない状況。
気長にトライしてみようと思う。

4_20160613104811669.jpg

6月の釣り
この日は前出で出発して早朝からチャレンジ。
前回の水位から30cm程減水しているのがどうなる事やら。

最初に入ったランで友人が、立て続けに小ブラと40cm程のレインボーをキャッチ。
状況は悪くない。

3_20160613104809719.jpg

その後も何ヶ所か入り友人は更に小ブラを何本か追加したが、こちらは1バラしのみ。
本当なら昼で帰る予定だったが、結局夕方までやる事に。
この日は人が多く、入りたいところには先行者がいて場所移動に時間がかかってしまう。

結局一度入ったところに入り直し、友人が50cm程のブラウンをバラしたランの下流へ入った。

ミノーで丹念に攻めると,久しぶりにガツン!ときたアタリが。

6_20160613104825a40.jpg

結構パワフルに引いた43cmのブラウンをキャッチ。
その後もスプーンでヒットしたが、途中でフックアウトしてしまったが、最後で救われた気分。

この日は早朝からまともな食事もせず12時間ぶっ通しの釣りをしてしまい、帰宅してからの疲労感が半端なかったのは言うまでもない(笑)





テーマ:フィッシング - ジャンル:趣味・実用

  1. 2016/06/13(月) 12:30:47|
  2. Trout Fishing
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

驚き!!

8ftクラスのトラウトロッドを新調しようと思い色々と物色していたが、どうにも気に入ったのが見つからない。
欲しいロッドは既に生産終了で中古に関しても殆ど出回っておらず、オークションなどこまめにチェックをしていても目にすることがない。
あとはこれから発売されるであろうロッドは現在開発中でリリースは何時になるか分からなかったりと、、、

地元のショップに行って物色するも実際に触れるのも2~3本で、ラッピングが気に入らなかったりとか、アクションが気に入らなかったり、またハイエンドロッドは余程そのブランドが好きでないと触らずにして購入するにはかなり勇気がいる。
だったら気に入ったロッドがリリースするまではとりあえず使えそうなローエンド、ミドルレンジまで踏まえて再度検討。
メインはスプーン主体でミノーまで使えるレギュラーアクション、利根川や犀川など川幅の広い河川や湖などで使うことを考えレングスは8.0ft前半、20gオーバーのスプーンまで想定にいれてそれなりにパワーがある事。

以上の条件を踏まえ調べると、幾つか候補が出てきた。

1.アイマ シブミ Is810
2.天龍 レイズ RZ85MH-BC
3.パームス エゲリアネイティブパフォーマンス ESNC-83MH
4.テイルウォーク ケイソンランズバック C83MH

1.のアイマシブミはシーバスロッドで有りながらレギュラーテーパーアクションを採用していてHPの説明を読んでかなりに気になった。コスメも凝っていて見た感じではかなり気になったロッド。
しかし、価格帯を見ても現物を触らずにしての購入はかなり難しいのと、バランスを考慮してだと思うがグリップが長い。
今回は取回しを考慮して、出来れば30cm以内で収まって欲しいので今回は保留。
でも、最後まで悩んだロッドで、どこかで触れれば是非触ってみたい。

2.のレイズは何度か触る機会があってアクションもレギュラーで、ロッドも非常に軽くグリップも短いので使い勝手は悪くない。ミドルレンジで人気があるのも頷けるロッドだと思う。しかし、グリップが少し細いのとリールシートのリールを止めるスクリューが上部コルクを回すタイプが個人的に好みが違う(こちらの方が間違いなく緩まないと思う)事から却下。

3.のエゲリアは調べるとかなりの高評価で何店舗かショップに回ってみたが土地柄か渓流ロッドしか置いてなくロングロッドは何処にもなかった。置いてあったなかで一番長い5.3ftを触った感想はかなりしっかりしていてかなりパキッとした感じだった。
評判も悪くなく価格の割にはこのロッドもかなりよく出来ているとの事。
しかし、リールシートがレイズと同様な事と、ガイドが小さい??(実物を見ていないのであくまでも想像の域だが・・・)理由から却下した。

4.のケイソンランズバックは上記ロッドの中で一番価格が安い。実売価格が2万円前半と入門ロッドに入るカテゴリーだ。
しかし、今回求めている条件は全てクリアしている。
このロッドの評価もかなりいい。実際5'10"のロッドを振ってみたが悪くないアクションだ。
インスタグラムのフォロワーさんでこの7.6ftを使っている方がいて使用感を聞いても悪くないとの事。
結果、価格も手頃な事もありダメ元でも構わないつもりで思わず注文してしまった(笑)



購入して早速見てみるととても凝った作りで思わずビックリ(笑)
リールを止めるリングには彫刻してあったり、良く出来ている。
リールをセットすると握った感じも悪くない。
しかし、シートとコルクの接続部が少し隙間があいていたり、リールを止めるスクリューが緩みやすかったりするのは残念なところ。
しかし、この価格だと決して文句は言えないトータル面で良く出来ている。
ロッドを継いで振ってみると、結構硬くしっかりしている。
ルアーMax Wt30gと明記してあるがそれ以上のパワーがある感じ。
もしかしたら7gは無理かな?と思うパワーだ。

そして休日に、試し投げに利根川へ。

2_20160411102728a26.jpg

今回はロッドの調子を見るほかに前々から気になっていた14コンクエストのセッティングも行った。
今までブレーキブロックを2個オンにしてあとはメカニカルブレーキの調整で使ってみたがどうにも後半の伸びがなく、飛ばない事はないけど少し不満があった。
ある方のブログを参考に、今回はブレーキブロック1個オン、ダイヤルはMinにして、メカニカルブレーキを最初きつめ(クラッチを切ってルアーがゆっくり落ちる程度)からスタートして、丁度よいところまで1キャスト毎にメカニカルを一コマずつ緩めていった。
15gのスプーンをつけて試してみると一つ緩めるたびに面白いように距離が伸びていく。
そしてバックラッシュしない程度まで緩めセッティング完了。
最初は川幅2/3程度だったのが最後は対岸まで届くまで伸びるようになり、メインで使っているモラムZX1600magと同等以上の距離が出せるようになった。
これでしばらくトラウト用リール残留になった(笑)

ロッドについてはレギュラーテーパーゆえにルアーをロッドに載せてキャストが出来るためとても投げやすい。
またガイドセッティングも多分良いのであろう、10g~18g辺りのスプーンに関しては驚くほど飛んだ。

空で振っていた印象と違って意外にも軽いルアーも飛んでくれた。
スプーンは5gまで想定していた以上に飛び、ミノーについても7.0gまでのシンキングミノーはストレスを感じないまま気持ちよく飛んだ。
試しに5.5gのミディアムディープも投げてみたが、さすがにこのクラスは難しい。

そして感度も思っていたよりかなり良く、底の形状やルアーの動きをよく伝えてくれるのも驚いた。
操作性はグリップ長が270mmとこの長さからするとかなり短い。
リール付けないで持ったときは若干持ち重り感があったが、リールを装着する事によりバランスが取れているといった感じ。

そんな中、12gのスプーンを流していたときに、ターンが終わった瞬間にヒットした。
ドラグ設定が緩かったのか、ラインが出されそのあと見事なハイジャンプでバレてしまった。
キャッチしていればやりとりの事も書けたのだがあまりにも一瞬の事だったので何とも言えない。

しかし、実売価格からすると性能的には間違いなくそれ以上の性能をもっている。
グリップ周りをもう少し豪華にして作りをもっと丁寧に仕上げて価値を上げれば、ミドルレンジの価格でも十分勝負できるロッドだと思う。

正直いってあまり期待をしていなかっただけに、予想を遙かに上回る性能だったため正直驚いた。

今はかなり愛着が沸いている。
しばらくはメインロッドになりそう。


テーマ:フィッシング - ジャンル:趣味・実用

  1. 2016/04/12(火) 19:50:56|
  2. Trout Fishing
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ