Cigarettes and Coffee

Bass & Trout Fishing

2018本流トラウト2

実は3月以降、本流への釣りが遠ざかっていて今回は本流での宿題が溜まってしまったので、その結果の確認とあわよくば釣果も期待しての長野本流。

まずは約3ヶ月の間に増えたルアー(主にミノー)のテストを兼ねて早朝よりスタート。
ミノーについては、また別の記事にしようと思っているので割愛。

明るくなり始めた頃到着して、減水して一番入りたかった場所へ向かうと先行者無し。
やったー!!と胸躍り釣りスタート。
どちらかというとミノーよりスプーン向きな場所なので、実績のある種類のスプーンをローテーションして釣り下って行くも一向にコンタクト無し。

今回は単独釣行なので、何時もより丁寧にじっくり攻めてもまるでない。
その後、場所移動して次のランに入る。
今度はミノー主体で釣り下るも、沈黙のまま時間だけ過ぎていく。


7_20180620174038cfe.jpg 

その後場所を移動するも時間的に何処の場所にも人が入っていたため、不眠で来たため少し仮眠を取ることに。
しかし、仮眠のつもりが熟睡してしまい起きると5~6時間経ってしまい、お昼を過ぎていた(笑)

慌てて次の場所に移動して、今度は本流用に組んだモラムの試投を兼ねての釣り。

4_201806201740349be.jpg 

まずはモラムSX IVCBから。
この個体は、軽量スプール、遠心ブレーキを2点から4点に変更。
ブレーキダイヤルを7からスタートしてキャストすると・・・。

「全く飛ばない」
かなりブレーキが効いているらしく、ダイヤル4にして飛ぶようになった。
そしてダイヤル4でメカニカルブレーキを1コマづつ緩くしていくと、許容範囲な仕上がりなった。
しかし何となくもう一延び欲しいので次回は4点ブレーキを3点にして試そうと思う。

このリールキャストするとシマノのDC機に似た音がするのが結構気に入っている。
ダイヤル3にすると急にブレーキが弱くなってしまい、常にスプールに指をおかないと怖い感じ。
4ではスプーン、ミノー共にノーサミングで行ける感じ。(ZX magに近い感じ)


5_20180620174035b8c.jpg 

次はSX ULTRA MAG 
このリールはノーマルスプールでマグネットを純正の1.5mmから3.0mmに変更。
ラインはよつあみのPE WX8 1.0号。

これもダイヤルを7からスタート。
マグネットを大きくしたため使用範囲が0~15のところ0~9までしか使えない。
勿論7ではブレーキが強すぎて全く飛ばない。

この機体もダイヤル4になってからもの凄く飛ぶようになるが、ノーマルスプールの重みからなのか初速スピードが上がってしまい、取扱注意!
スプーンに関しては問題ないが、ミノーに替えて少し力むとバックラッシュ。

6_2018062017403788d.jpg 

大抵なバックラッシュはほぼ直せるが、今回のは久しぶりにラインを切ろうと思ったくらい。
根気よく15分ぐらいかけて何とか直ったけど、ミノーを使うときはメカニカルを2コマ程度締めないと危険。
気持ちよく飛ぶけど終始気が抜けない感じ。

それでも一流ししたら大分慣れてきたけど、もう少し使い込まないとかな?

写真は無いけどSX HI-SPEEDも先日買った機体にスプールを入替て使ったところ、スプールが暴れるので軽量スプールが歪んでいる事が判明。

これは新しい軽量スプールに取り替えようと思う。


8_20180620174040707.jpg 

そして釣果の方はいうと、夕方イブニング手前までやってノーフィッシュ、ノーバイトでフィニッシュだった(苦)

今月末からバス釣りスタートなので、次回の本流釣りは7月入ってからだね。



スポンサーサイト
  1. 2018/06/20(水) 19:20:00|
  2. Trout Fishing
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

リベンジ

先週の中禅寺湖はダメダメな結果で終わってしまったので、今回は用意周到で再チャレンジ。

まずは今が旬なトップウォーター(蝉パターン)で仕留めたいところ。
夕方まで釣りをする予定なので、朝一番からでは体が持たないので、朝二番で出撃(笑)

現地について、山側に入ろうと思ったが駐車場は一杯。
渡船を使おうと思って電話すると山側は人だらけで、船が近寄れないとのこと。
こんなこんなで、国道側を攻めることに。

2_20180604103352f52.jpg 

国道側も相変わらず込み入っているが、たまたま空いている場所があったのでそこを陣取る。
岸際には鱒系の稚魚が沢山いるが、大型は入っていない。

それでも時折沖で大型のライズは見られるので、沖にフルキャストしてセミパターン。

ほぼホットケでたまにラインスラックを使って波紋が出るぐらいのアクション。
この辺りはバスのトップウォーターとほぼ同じ。

ライズがあった付近でやっていたら、大きく水面を割ってヒット。

久しぶりにステラのドラグが鳴り響き、堪らない。
バレないことを祈りながら無事ランディング。

1_2018060410335043f.jpg 

51cmの見事なレインボーだった。
蝉といえばブラウンのイメージが強かっただけに、嬉しいような、少し残念のような。

それ以降、トップでは反応が無くなり、他のルアーを使いジグミノーで15cm位のブラウンを3匹キャッチ(自己最小記録更新・笑)

昼にさしかかり昼食を取ってから風が強くなってきたので風裏へ場所移動。

暖かくなって大分、春ゼミが水面に落ちて羽をバタバタさせている。

しばらく様子を見ていたが、岸寄りでは反応はない。
岸際には相変わらず鱒の稚魚の活気が良い。
たまにその稚魚を狙った40cm位のブラウンが足下を通っていく。

すると、また沖で大きなライズを発見。
同様にそこへセミルアーをフルキャストしてたまにアクション。
すると今回は吸い込むようなアタリで突然ロッドが重たくなった。

3_20180604103352b44.jpg 

沖でのヒットなので近くに寄せるまでが一苦労。
ルーパス77はしなやかで柔らかい割にはトルクが太い。
無駄に魚を暴れさせない良いロッドだ。
無事にランディング出来て計測すると今度は50cm。

前回のリベンジ達成できた。

4_20180604103353552.jpg 

この後夕方のモンカゲロウの時間までいたが先週のような近場でのライズは見られず。
山頂湖故、水温が低いので膝から下を使っているだけでもかなり辛い。
体の芯まで冷え切ってしまったので、見切りをつけて納竿。

セミパターンも堪能できたことだし、次回はスプーン主体な季節(8~9月)に訪れたいと思う。

これで川へ専念できるかな?
それと今年は大分スタートが遅いけどバスもね。




  1. 2018/06/04(月) 11:20:00|
  2. Trout Fishing
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ダメダメ。

連休が明けてから仕事が色々と忙しく、3週間ぶりに行けた。

本来なら早朝から行きたいところだが本人、相方共々午前に用事があったため夕まずめ狙いで中禅寺湖へ向かった。

ダメ1
現地に到着してウェーダーに着替えて準備しているとお腹が痛くなった。
途中昼飯で食べたモツ煮定食がパンチが強かったらしく(苦)嫌な予感的中・・・。

相方に先行して釣りしててもらい、出遅れてスタート。

1_201805291450566e9.jpg

ダメ2
今回はセミパターンだからと聞いていたが、持ってきていたと思っていた蝉ルアーを見事に忘れた。
トイレから戻ってきて相方と話すともう既に3バイトだとか・・・。

湖畔に下りて釣り始めようとすると、相方が蝉でブラウンをヒット。
そこで、相当焦り蝉の代わりにヒゲナガルアーをキャストするも1バイトのみ。

そこからしばらくトップ系ルアーに反応が無くなり、スプーニングにチェンジ。

2_20180529145058005.jpg 

ダメ3
入ったポイントが意外に浅く、急いで持ってきたスプーンは18~23gもう少し軽いのが欲しかった。
それでも一回根掛かり?と思うくらい微動だにしないのでスプールを指で押さえロッドを上に煽るとゆっくりと動き出した。
生命反応がある引きでそこからやり取りを始めると、手前に走られフックオフ。

後にも先にもそれだけで終了。


日が陰り暗くなるにつれモンカゲロウのハッチが始まり、それのライズが始まるがルアーには全く反応がなく寒くなってきたのでこれにて終了。

3_20180529145059e7b.jpg 

全てが後手後手だった今年初の中禅寺湖釣行。

今度はしかりとした準備をして挑もう。

4_201805301403493aa.jpg 

そして、さっそく定番どころのセミルアーを補充。

次回はダメダメにならないように。










 
  1. 2018/05/30(水) 14:05:00|
  2. Trout Fishing
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

トラウトボートフィッシング2回目

前回のブログアップの後、一度長野本流へ行ったが見事にデコってしまった。

連休前半なので何処も混み合っているのと増水による濁りを懸念して、この時期なら釣果が期待できると思い東古屋湖へ。

新緑がとても綺麗だったが、ここも濁りが・・・。
2_20180502194305d7a.jpg 

午前6時から午後3時一バラシの他、触ったかな?ってアタリが一回のみ。

相方は一バラシの他ショートバイト多数。

今回もミノーには無反応。

1_201805021943032bb.jpg 

そんな諦めかけた頃に、ようやく快心のヒット。

ジャンプしたり手前からの猛ダッシュ数回でFAVがこでもか!って弓なりにしなり格闘の末ランディングした50後半のレインボー。

3_20180502194306d77.jpg 

これで次回に繋がった。

今回も新たにスプーンテクニックを身につけたので、また引き出しが増えた今回の釣りだった。


  1. 2018/05/02(水) 19:48:00|
  2. Trout Fishing
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

先日の釣りの後。

先日の半年ぶりの本流。

試したいことが盛りだくさん。

まず最初のランではスピニングタックルで以前買っておいたハンドメイドミノーを筆頭に試したかったミノーをあれこれ替えての動作確認。

そして、二箇所目のランから新しく新調したベイトタックルの組合せ確認を。

3_20180310103527bda.jpg 

以前購入しておいたアンバサダー5500CAファクトリーチューンとソウルズTF-E82HCの組合せでまずはスタート。
アベイルのスプールに入れ替えた55CAに10gスプーンからスタート。
かなりの重量級の組合せではあるが、バランスが良いのか手元に重さがくるので持ち重り感なく使っていて苦にならない。
アベイルのスプールに入れ替えた55CAは10gスプーンは何のストレスも無く飛んでいってくれる。
7gまでは普通に使えた。

ミノーについてはロンズ9cm SSは不安無くキャストできるが、リュウキS 7cmクラスになると突然キャストに不安がでてくる。

3回に1度はバックラッシュ。
メカニカルブレーキを締めるもこのリール遊びが殆どなくフルロックして気持ち緩めると9gミノーがスルスルと落ちていく。
色々と試して見たが、バックラッシュ解消になるよい結果が得られなかかったのは残念。

その後はロッドの使用感を味わうためカルカッタコンクエストに替えた。
ロッドに関しては、ほぼ満足出来た。
今度は雪代の水量が多い時期に重めのスプーンをつけて試して見たいと思った。



そして、リールだが釣行後いろいろ考えてまずはブレーキブロックの入替。
この55CAのブレーキは何故か昔ながらの茶色いベイクライトの2点ブレーキになっている。

そこで、ブレーキブロックを大きくしようと以前購入していたウルトラキャストのリールからブレーキを移植。
これで、ブレーキがどのくらいかかるかが次回の課題。

1_201803101025454e8.jpg 

リール自体まだアタリが出ていないのでこれからだけど、それでも弱ければ4点に変更も視野に入れておこう。

単純に重めのルアー専用機にすれば良い話なんだけどね。
最近川はスピニングタックルに慣れてきたのでそちらがメインにだけど、このリールは湖では凄く使えそう。
中禅で是非使ってみよう。





  1. 2018/03/10(土) 11:12:00|
  2. Trout Fishing
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

2018本流トラウト1

半年ぶりに長野へ。

上流部は解禁してから人がとても多く、休日はなおさら場所取りが難しそうなので、人が少ない何時もの下流部へ。
人も少ない、水も少なく、魚も激渋らしいとか。
行かなかった半年の間、台風やらで地形も変化しているらしく水位も低いのでポイントの変化を確認しながら釣り。


人が少ないので早朝はメジャーポイントへ入れたのでそこからスタート。
平水より30cm低い水位なので8.6ftのロッドでは気を許すと対岸へ届いてしまう川幅。
7g~10gのスプーンから始めるも、魚からのコンタクトは皆無。
そしてミノーも使うも反応無し。

朝8時頃になると放射冷却によりガイトとラインローラーが凍る。
この日は暖かいとはいえ朝は寒い、リハビリ中なので余計そう感じる。

2_2018030615485674f.jpg 

そこから、4箇所程移動するも一度だけ「当たり」かな??
というのが一回だけ。

昼付近になると上流エリアからの流れ組が入ってきて行きたい場所に入れなくなった。

もう諦め半分で一昨年の増水による地形変化から、釣れなくなったポイントへ行くと空いていた。
軽く流して納竿しようと思い釣り下って行く。

核心部手前の瀬頭の沈み石周りを、実績のあるスプーンを流すとガツン!!とヒット。
最初根ががり?と思う重い引きから生命反応を感じたので、そこからは慎重にやり取りを。

買ったきり使っていなかったソウルズのベイトロッドが気持ちよく曲がる。
しかし、ロッドの性能とベイトリールのパワーで相手に主導権を握らせること無く手前まで寄せ無事ランディング。


3_20180306154856408.jpg 

52cmの今年初の本流レインボー。
最後にきて満足の1本が獲れた。
良かった~!!

4_201803061548570b3.jpg

そして半年ぶりのジンギスカンもとても美味しく頂けた。
次回お土産で買って帰ろう。




  1. 2018/03/07(水) 11:55:00|
  2. Trout Fishing
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

復活(再スタート)

久しぶり!!昨年の9月を最後に今日までこのブログを休んでいましたが、一身上の都合が大分落ち着いたのでまた再び復活します。

今年も東古谷湖解禁前漁獲調査の抽選に当たり参加させて頂いた。

昨年と比べ今年の冬は寒かったので、辺りには結構雪が積もっていて湖面もかなり凍っていて、当初入ろうと思っていた場所も氷で覆われていて断念。

1_2018030220354135f.jpg 

まずはスプーンを使って底を狙い、温かくなってきてからミノーで探る作戦もミノーでは全く反応がなく、終始スプーン。

5_201803022035447bb.jpg 

それでも、活性は悪くなく開始早々10gスプーンのホールで50オーバーが直ぐ釣れた。
そこから1時間位反応が続き、3連続ヒットとか入れ食い状態。

6_20180302203545048.jpg 

スプーンもホールやズル引きや、スプーニングなど多様に使い飽きない程度に反応があったが昼にさしかかってきた頃から反応がなくなる。

8_2018030220354852f.jpg 

釣れなくなったので、少し移動して岸際のカケアガリを狙うとそこからまた連続ヒットが始まった。
30cm~45cm位がメインだったが飽きずに楽しめた。

2_20180302203542894.jpg 

午後から冷たい風が吹き始め、魚の反応も無くなったので気持ちよく納竿となった。
それでも60アップを先頭に50アップも10数本、それ以下も20数匹は釣れた。

7_20180302203547dd5.jpg 

何時も釣れない釣りばかりやっているので、たまにはこういう釣りは楽しい。
また魚の反応もあるのでスプーンの使い方の勉強にもなったのは嬉しい収穫。

たまにはのご褒美だった。



  1. 2018/03/06(火) 16:15:00|
  2. Trout Fishing
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

本流トラウト12

前回の釣りから3週間ぶり。

今年は季節が変わるのが早いのか、現地に到着すると気温は13℃。
Tシャツ一枚では寒すぎるので長袖シャツ着て開始。

辺りがうっすらと明るくなってきた時にポイントに着くと既に先行者2名ほど釣りをやっていて、さすがに上下流の移動は無理なので別ポイントに移動。

移動しながら川辺を見ていると、何時も釣り人がいるメジャーポイントに誰もいない。
今まで入れなかったのでその場所で決定。

かなり長いランの上流部から釣り開始。

流速がある場所だったので今回はミノーメインで釣り下り。



一向に釣り下るが反応なし。
途中スプーンや普段使わないミディアムディープを使っていても何の反応もなく時間だけが過ぎていく。

山間から完全に太陽が昇った頃、今まで釣った事がないロンズ7cmに変えて流すと3投目でやっとヒット。
バラすまいと慎重なやり取りでキャッチしたのは45cmほどのレインボー。

とりあえずボーズ回避で一安心。

1_20170912185634f37.jpg 

ベリーのフックが伸びてしまったが、ペンチで戻してその2投後にまたまたヒット。
伸びたフックでない事を祈りながら魚体を見ると、リアフックにフッキングしていたので一安心してランディングに少し戸惑いながらキャッチしたのは42cmのレインボー。

2_20170912185636c3c.jpg 

これで、この日からロンズ信者になりました(笑)

帰ったらフック交換だなと思いながら釣り下ったがその後は反応なし。

その後場所を移動してしてみるも、相方がフライで50cmをキャッチしたけどこちらルアーは微妙なバイトが2回程で終了。

夕方までやる気力もなくお昼で納竿。

あと半月もすれば激戦区になるこのフィールドも次回は何時行くかは検討中。

そろそろ、ブラウンの顔が見たくなってきた。




  1. 2017/09/12(火) 19:21:00|
  2. Trout Fishing
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

本流トラウト11

前回書いたのが本流トラウト7、そして今回は11。
じゃあ8~10はどうしたって?

書かなかった言い訳は、
8については釣れたけど可愛いチビブラのみ。
9は白濁りきつめで、到着したものの胃の調子が悪くほぼ寝ていただけで最後のランで5500CAの調子をみるべく数投キャスとしたのみ。
10は盆休み最初に珍しく単独で出向いたが、用意して川辺に着くと、ど茶濁っていてとても釣りを楽しむ状況ではなかったので5投にて終了。

そして、満を期して今回の11へ。

ダム下の状況が掴めなかったので、今回はダム上の漁協エリアへ。
お盆休み中は賑わっていたであろう、メジャーポイントに釣り人はおらずサクッと準備してスタート。

上流部ということで今回手にしたロッドはルーパス77。
思っていたより広い川幅で、8.7にすれば良かったかな?って一瞬思ったが、第一投目で10gのスプーンが対岸のテトラまで届いてしまった(笑)



前に買ったままでいたスプーンを試しながら釣り下って行きテトラが終わったところで、キラクの10gスプーンを流すとコツンと何かに引っかかった様なアタリがあり、その後2~3m流れてからガン!ガン!ガン!!と勢いのあるアタリ。
すぐさま合わせを入れ、巻き取り始めると対岸側で大きくジャンプしてフックアウト。
遠くてよく分からなかったが白い魚体だったので多分レインボーだったと思う。

久しぶりのヒットだったので非常に残念!

そこから更に釣り下り、色々スプーンを試すが反応がなく最近ブームなフェイクベイト11gのリフト&フォール。
2投目着水後にヒット。

途中手前に走られて一瞬焦ったが、手前で結構暴れた35cmぐらいのレインボーをキャッチ。

1_20170821131051214.jpg 

魚体の美しさに思わず惚れ惚れ。

そして遅ればせながらルーパス77での入魂完了。
欲を言えばドラグが出るサイズが欲しかったが釣れたことに感謝。

3_201708211310541e4.jpg 

セルテートの組合せでキャスティングがとても楽しかった。

その後反応がなくなり、場所を移動して今度はミノーも交えて色々やってみるが魚からのコンタクトはなくなり終了した。

そして、インスタで交流のある地元のトラウトマンと落ち合って、情報交換。
彼らも今日は終了ということで解散。

帰り相方がジンギスカンを食べたいという事で下道で下って行くと先週までど茶濁っていた下流部もうっすらと白みががっているがそれがかえって釣れそうな雰囲気に変わっていた。
しかし、お互い疲れきっていたのとウェーダーを脱いでしまったので今回はスルー(笑)

4_20170821131055df5.jpg 

お目当てのジンギスカンを食して帰路についた。

次回こそ、鼻の曲がったのを釣りたいなー。





  1. 2017/08/21(月) 19:10:00|
  2. Trout Fishing
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

最近ハマりもの。

ここ最近やたらとスプーンが気になる。
川や湖もスプーンを主体にして状況に応じてミノーの釣りといった感じ。

何時もであれば川はミノーがメイン、湖はスプーンといった感じだったが、スプーンの釣幅の広さに気付いてからは、まるで取り憑かれているかのよう使っている(笑)

5_2017050110205004a.jpg

ボトムを転がしてみたり、リフト&ホール、表層引き、スライドなど小魚や虫などをイメージしたり、スプーンの種類もウォブリング系からローリング系など多種多様にやることが多くて使っていて面白い。

7_20170603104328328.jpg

恥ずかしい話少し前までスプーンは底を転がすものだと思って14g~20gがメインだったけど、最近はスピニングタックルを使うようになって川の場合は5g~14gがメインになってきた。
最近のお気に入りはNACのFake Bait(多分もうやっていない?)
湖のスライドや川での使用で釣果が得られているので在庫があれば入手している。

また古いスプーンのカラーリングが好きで、見つけては集めてたりする。
でもABUの古いのやパラバンなどはかなり入手困難。

1_20170530111840e85.jpg 

先日某ショップで見つけたルーハージャンセンのクロコダイルとリトルジュエル。
リトルジュエルのニジマスカラーはバスオレノを彷彿とさせる色合いが良い。

スプーンはトップウォータプラグと違い無くすリスクが大きいので使用するのに躊躇してしまうが、数が増えたら古いスプーンも使って見たい。

3_20170530111843ac1.jpg
 
この喜楽のネオ クィック テーパー7.6L
ずいぶん前に購入した直後にベイトに転向したため10年ほど使わずにいたが、昨年から使い始めて見たがL表示だがロッド全体にパワーがありミディアムテーパーでスプーンを使うのにもってこいのロッドだった。
ただ、グリップのコルクがかなり痩せてしまうのとこのリールシートの収まるリールが少ないので何とかしたいと思っている。


  1. 2017/06/03(土) 11:55:00|
  2. Trout Fishing
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ