Cigarettes and Coffee

Bass & Trout Fishing

2017遠征 1

今年も年一の仲間達との集い。
何時ならその前に一回は行っているが、今回は今年初の遠征となってしまった。

マザーレイクも年々藻刈りやら電気ショッカーやらで釣り方が大分変わってきたらしく、フローターでのウィードパッチ周りなんて去年からほぼ皆無。

今年も厳しい情報しか入ってこないので、フローターで行くつもりだったが急遽ボートでの参戦。
今回は初めての場所なので、薄暗い中より始めて地形やウィードチェックから。



みるみるうちに明るくなってきて、水面からも活性が上がってきたのかざわざわしてきた。
しかし、一向に反応がない。

そんな状態が続いてきて、痺れを切らした同船者がお守りルアーをキャストすると一発でヒット。


4_20170726162919a3b.jpg 

40cmの今年初バスヒット。
その後、ヌルディーに変えてキャストするとまたまた連続ヒット。

サイズは小さいが、正に今が時合い。

それに乗りたいところだが、自分のには一向に反応がない。

違うエリアでやっている友人から、例のルアー投げたら一発で出たよとラインが入り、
時間も6時を過ぎて、そろそろ終演を迎える時間帯に入ったので一つだけ持ってきたお守りポッパーに付け替えて一投目でヒット(笑)

5_201707261629215aa.jpg 
可愛いサイズだが今年初のラージをキャッチ。

その後もバイトがあったりで、相変わらずこのルアーの反応は良すぎる。

そして、7時を迎えそろそろ終わりの時間になって来た頃、同船者が少し潜らせる感じでバルサ50を使っているとウィードに絡んだのを外したリアクションで静かにヒット。

3_20170726162917959.jpg 

ロッドの絞り具合からしてかなりのサイズ。
頭を見た瞬間これはいったか??
と思いながらランディングすると・・・。

3cm足らないが彼の記録更新。

その後も9時頃まで頑張ってみたが反応もなくなり本当に終了。


翌日はボート組は何もなく終わってしまったが、フローターで挑んだ九州の友人は53cmのナイスなのを釣ってご満悦。

やったね。

2_20170726162916b31.jpg 

今回は個人的には残念な結果だったけど、ようやくこちらの釣りにもエンジンがかかった(笑)

次回遠征もそう遠くないかも?

















スポンサーサイト
  1. 2017/07/27(木) 20:00:00|
  2. Bass Fishing 
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

灼熱の中、懲りもせず。

土曜、日曜で会社の内装工事を行うため、釣りに行く予定ではなかったけど、まさかの土曜日であらかた片付いてしまったので日曜日の夕まずめ狙いで茨城方面へ。

ここは二年ぶり?
確か前回はインジェクションのポッパーのみの反応で終わってしまった記憶が・・・。

時期が悪いのか水が凄く汚い。

しかし、他の場所への移動時間はないので、ここに決めて夕方4時頃入水。
夕方とはいえ外気温36℃、準備しているだけで汗だらだら。

やたらと水面に生命反応があるのが気になる。

何の魚??



今回はとにかく1本でいいから釣りたいので、拘りを捨てて釣れそうなのを投げた。


しかし、反応は皆無・・・・・・・・・・・・。

3_2017071013044763a.jpg 


そーいえば反りトンボで釣ったのもここだよなーと思いながらキャストしていくも全くない。


2_20170710130448df3.jpg 

時間だけが過ぎて行き、ルアーが見えなくなったところで終了。

なにかあったかといえば、後片付けをしている時に足に十箇所ぐらい蚊に刺されたぐらい?
今も忘れた頃に痒くて仕方がない(苦)

そして今回は友人が新しくフェンウィックからリリースしたカームウォーターCWG56CL Jを購入したので、それの試投会もあった。
最初お店で振ったときは、「硬!!」って思ったけど、いざルアーをつけてキャストすると、最初の一投は硬いなーと思ったけど2投目からは気にならなくなった(笑)

飛距離も出て、アキュラシーもよろしく、ロッドの長さも感じなくそしてアクションも違和感を感じない。

どちらかというと個人的には使いやすいロッド。
そして思わず欲しくなってしまった(笑)

ルアーも10g~1oz辺りを使うのに丁度いいかも?バットパワーもあるので、今度琵琶湖辺りで使った感想が聞きたいところ。

また悩みが一つ増えてしまった。

4_20170710130450888.jpg 



そして、私個人的にはこんなのを入手してしまった。



5_20170710130451c8d.jpg 


Ambassadeur 5500CA Factory Tuned + Avail AMB5550UC

販売されたときに少し気になっていて、確か現物を触ってやっぱりオリジナルの方がいいよな~って思っていたが。

これをバスではなくトラウトで使って見るのも楽しいかな?
ってふと思ったら急に興味がわいてしまった。

しかしこのリール中身がウルキャスだからなのか、とても重い。
オリジナルもパーミングの中では重い部類だけどそれよりも重い。

細いラインを使うのでアベイルのスプールに入れ替えて7gほど軽くなって350g。

やっちまった感が否めない。

近々トラウトでデビューさせよう。


  1. 2017/07/10(月) 18:40:00|
  2. Bass Fishing 
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

今季初。

今季初のバス釣り。

しかも、懐かしい川へ余裕かまして午後から釣行。
今にも泣き出しそうな天気で、もしや今日はイケるかも?
と少しだけ期待していざ。

4_20170626164733945.jpg

昨年は関東のフィールドに行かなかったので、触らなかったショートロッド。
しかも、長い間貸していたマークスマンが帰ってきたのでそれを使うのも凄く楽しみ。

ここ最近はトラウトの長いロッドばかりだったので上手くキャストできるか少し不安。

2_20170626164731630.jpg 

しかし、不安と裏腹でキャスティングは これでもか!!ってくらいビシバシ決まっていく(笑)
同船者ふたりで久しぶりのこの川を懐かしみながら釣り下るが反応無し。

しばらく下ったところで同船者のポッパーに、おかわり付のバイトをもらうが何故かヒットに至らず。


1_2017062616472924b.jpg 

雰囲気は最高だが一向にバイトは無いまま時間だけが過ぎて行き、ボートランチング場所の対岸の橋の下でルアーの後ろから波をたててゆっくりと向かう何かが。
その1.5秒後の水柱が立つまでの間に頭の中で
・間違いなくバスではない
・今日はネットを持ってこなかった
・ラインは14lb強度の12lbだ
・ルアーはPVのプロトのエクィップだし・・・
でビビりが出てしまいすかさず巻き取りが早かった(笑)

少し惜しい気がしたけど、賢明な判断だったと思う。

3_201706261647324d3.jpg 

暗くなる少し手前まで頑張ったが、予定通りの釣果だった。

だけど、ボートでしゃべりながら、ルアーのアクションを楽しみながらの釣りは癒やされる。

持っていた8割ほどのルアーを使い倒しとても楽しかった。

今度は早朝から楽しもう。


  1. 2017/06/26(月) 18:20:43|
  2. Bass Fishing 
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

最近ハマりもの。

ここ最近やたらとスプーンが気になる。
川や湖もスプーンを主体にして状況に応じてミノーの釣りといった感じ。

何時もであれば川はミノーがメイン、湖はスプーンといった感じだったが、スプーンの釣幅の広さに気付いてからは、まるで取り憑かれているかのよう使っている(笑)

5_2017050110205004a.jpg

ボトムを転がしてみたり、リフト&ホール、表層引き、スライドなど小魚や虫などをイメージしたり、スプーンの種類もウォブリング系からローリング系など多種多様にやることが多くて使っていて面白い。

7_20170603104328328.jpg

恥ずかしい話少し前までスプーンは底を転がすものだと思って14g~20gがメインだったけど、最近はスピニングタックルを使うようになって川の場合は5g~14gがメインになってきた。
最近のお気に入りはNACのFake Bait(多分もうやっていない?)
湖のスライドや川での使用で釣果が得られているので在庫があれば入手している。

また古いスプーンのカラーリングが好きで、見つけては集めてたりする。
でもABUの古いのやパラバンなどはかなり入手困難。

1_20170530111840e85.jpg 

先日某ショップで見つけたルーハージャンセンのクロコダイルとリトルジュエル。
リトルジュエルのニジマスカラーはバスオレノを彷彿とさせる色合いが良い。

スプーンはトップウォータプラグと違い無くすリスクが大きいので使用するのに躊躇してしまうが、数が増えたら古いスプーンも使って見たい。

3_20170530111843ac1.jpg
 
この喜楽のネオ クィック テーパー7.6L
ずいぶん前に購入した直後にベイトに転向したため10年ほど使わずにいたが、昨年から使い始めて見たがL表示だがロッド全体にパワーがありミディアムテーパーでスプーンを使うのにもってこいのロッドだった。
ただ、グリップのコルクがかなり痩せてしまうのとこのリールシートの収まるリールが少ないので何とかしたいと思っている。


  1. 2017/06/03(土) 11:55:00|
  2. Trout Fishing
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

本流トラウト7

土曜日に相方から電話があり、「さあ、何処へ行く?」いつもの会話。

相方は月曜日の夜から鯛釣りに行くため日曜日は体力を温存したいらしく、ぬるめな場所選び。

ここは?あそこは?と協議した結果、久しぶりに長野へリベンジ。
今回は昼までの釣行。

朝まだ暗い時間に到着、いそいそと支度して4時にはポイントに到着。

ルーパス77を使いたかったが、水位の上昇で川幅が広くなっているので87をチョイス。
リールはセルテート。

リールの入魂はできるのか??

6_20170530112503678.jpg 

いつものランから釣り下る。
川に入った瞬間、中禅寺湖とは違って温かい~(笑)
14-5℃はありそうな感じ。

下って行って核心部へ、前回バラしたポイントに到着。
前回のリベンジでルアーは同じフェイクベイトの10g
クロスにキャストしてボトムをとってリフト&ホールで早速ヒット!

しかし、その2秒後?(多分)ジャンプされフックアウト。
サイズは小さかったのでショックは小さい。
今度はややダウンクロスにキャスト、リフト&ホールを2回ほどさせた時にまさかの連続ヒット!

今度はバラすまいと慎重にやりとりをして、まあまあやりとりが楽しめたので40オーバーはあるかなと思いながらネットイン。

念願のレインボーをキャッチした。
サイズは38cmだったけどこの川でのレインボーは2年ぶり(苦)
ずーと釣れるのはブラウンだったので、滅茶苦茶嬉しい!!

5_20170530111846296.jpg 

川鵜にやられたのか傷が痛々しいが元気に戻っていってくれた。

その後も軽いバイトは有るものの、なかなかヒットまで持ち込めない。
ダム放水のサイレンがなってしばらくすると、水温が下がってきた。
その後も数カ所まわってみたが、アタリも皆無でタイムアップ。

何とか魚の顔を見ることができたので上出来としよう。



  1. 2017/05/31(水) 09:00:00|
  2. Trout Fishing
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ